FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


とっても欲しいキーボード。「Filco FKBE109」



私が今現在、かなり欲しいキーボード
FILCO FKBE109.
値段も高いわけではなく、パンタグラフのしっかりとしたキーボードでは珍しい3500円程度。
まあ、キーボードが壊れて、単に買い替えるという感じなら1000円未満からもあるので、そういう目線では高めなんでしょうが・・・。

実機を触る機会があったので、個人的な感想ですが、キーを打つときの感覚は非常によく、個人的には一般的に広く使われているメンブレンタイプのキーボードパンタグラフの中間っていう感じです。
押したときの頼りなさがあるわけでもなく、深く押す必要もないちょうどいい感じ。

見た目は特になんの変哲もないキーボードなので、オフィスでも自宅でも場所を選ばず使うことが出来ます。

パンタグラフに心配されがちなキーボード自体の硬さ(剛性)もしっかりとしており、ちょっとした衝撃ぐらいじゃあ折れたりなどはしなそうです。

ただ、個人的に唯一難点を挙げるとすればメディアキーなどがないこと。
機能が備わっているパンタグラフのキーボードであれば、Winキーの横あたりにある「F」キーを押しながら、ファンクションを押すと音量の上げ下げが出来るなどがついてますが、こいつにはついていない模様。

フルスクリーンモードなどでゲームをしたりする私にとって、音量の上げ下げなどはキーボードで行うことが多く、ついてないとちょっと不便。

まあ、それを考慮したとしても欲しいのには変わりないんだけど!

3500円ぐらいの値段で、どうしてここまで悩んでいるのかというと。
家には今使っているキーボードも含めると4つぐらいキーボードがあるわけです。
そのうち二つは中古っていうか使い古しでタンスの中に。
それを嫁は知っているので、キーボードを買おうとすると怒り狂うんですよね・・・w
気持ちがわからないわけではないので、買うに買えません・・・。

買えるようになったときに無くなってないことを祈ります・・・。
スポンサーサイト



手首が痛いのでリストレストを購入。



最近、キーボードを使う機会が増えて(おもにオンラインゲームw)机に直接手首を付けてタイピングするのに痛みを感じるように。
ということで、ついにリストレストを購入。
掲載商品と同じような「デコボコした加工」(ディンプル加工)されたマウス用のリストレストは以前から持っていました。

個人的にはディンプル加工にこだわっていて、このデコボコがない状態のリストレストだとかなり汗をかくんですね。
短時間での使用なら加工されていなくても問題ないと思うんですが、1時間~とPCの前に座っている状態が続くとやはりディンプル加工が必須に。
まあ、体質によるものだと思いますが・・・。

無理な状態で続けてタイピングをしていると腱鞘炎などにもなってしまうので、違和感を感じる人やPCを長時間使う人なら、ぜひおすすめしたいアイテムです。

商品リンクはフルキーボード用の大きさなので、コンパクトタイプを使っている人にはちょっと大きいかも。

インテリアの一部のようなキーボード。TK-FCP011BK


ELECOM USB 103配列 クリスタルデザイン フルキーボード パンタグラフ方式 ブラック (PS3対応) TK-FCP011BK



最早パソコンは一家に一台当然のようにあるもの。
今なら全く持ってない家を探すほうが大変なほどじゃないでしょうか?

そんな一台あるパソコンにある宿命が、パソコンくささ丸出しということ。

もちろんパソコンなのだから当然ですが、家に置く以上ある程度の見栄えがほしいものです。
かっこいいパソコン本体に買い替えなければ・・・なんていうのは、お値段高すぎるのでなかなか出来ることではないですが、パソコンのパーツとなるものを一つずつぐらいなら、買い換えることは可能です。

そんなパソコンのインテリア化に向け、私がまず買ったものが、このキーボードでした。

某家電量販店で初めて見たときに一目ぼれ。
キーボードとは思えないほど綺麗なクリスタルのような仕上がり
そして、今流行のパンタグラフ方式。
薄型のため、どこにでも収納可能。

インテリアキーボード?wの名にふさわしい、まさに「美しいキーボードです。


ちょっと商品画像だけでは小さいので下に別画像を用意。

TK-FCP011BK_31.jpg

写真とるのが下手なので、ネットで探して貼り付けしてますが、実物は画像よりも綺麗ですw


キーを打ったときの音も比較的静かで、メンブレン方式とは全く違います。
ファンクションを使った短縮キーもあり、キーボード単体での操作性も抜群。


ただ、一つの難点を挙げるとすれば、クリスタルのように美しすぎるため、「指紋」が目立ちやすいこと。
小まめな手入れをすれば当然問題はありませんが、ちょっと気になる人はブラックではなく「ホワイト」を選べばOKだと思います。





使いやすさ、機能性は正直他の記事で紹介しているパンタグラフ方式のキーボードのほうが優秀ですが、キーボード自身の美しさはこいつの圧勝です。
家には5個を越えるキーボードがありますが、見た目だけで選んだキーボードはこれだけです。

結構他人に薦めるのにも自信があるものなので、かなりおすすめできます。

パソコン好きの人ならプレゼントにもいいかもw


私なら貰うとかなりうれしい・・・。


以上、キーボードに美しさを求める、あなたへ。


-

正しいキーボードの選び方。

個人的な趣味や見解が多分に含まれた選び方ですw
こだわりがある人は、自分の気持ちに従って買い物をしたほうが気持ちがいいですし、買ってみなければわからないってこともたくさんあります。
ですので、キーボード選びに迷っている人が参考にしてもらえればいいな~程度になってます。
異論はかなり認めますので、何いってんの・・・って部分があったら、ガンガン指摘してください。



キーボードを選ぶ前に】
まず、キーボードを選ぶ前に認識しておきたい点。
それは、「日本人の手は小さい」ということ。
なので、あまり無駄にスペースがとられていて、キーが離れているようなものは日本人の手に馴染みにくいと思います。
マウスでもそうなんですが、「ちょっと小さいかな?」程度に思うぐらいの製品のほうがしっくり来ることが多いですね。


【全体的に体が硬い人には、メンブレンは厳しい】
指の動きが硬すぎて、ずっとキーボードを打ってると腱鞘炎になるんじゃないか!!ってほど、手の甲とかが痛くなる人いませんか?
私がそうです。
そうなので、一番初めに書きましたw

一般的によくデスクトップで見るキーボードは「メンブレン」という方式です。
安価であるというのが一番の特徴。
キーストローク(キーを押しこむときの可動範囲)が深く、「押している」という気持ちにさせてくれます。
確実なキータッチが可能なので、メンブレンタイプのキーボードはFPSゲームをやっている人に支持されることが多いそうな。
ただ、可動域が大きい分=動作が大きいということなので、疲れやすいというのがデメリット。

疲れやすくてもいい、とりあえず安ければいいや~っていう人は「メンブレン方式」のキーボード一択です。
安かったらたまにワンコインで買えますしねw


【ノートPCに慣れた人はパンタグラフ】
ノートPCに多く採用されているタイプ。
今はもうデスクトップPCでも採用されているのが多くなってますね。

特徴としては、キーストロークが浅く疲れにくい。 押すための力が弱くても良いので比較的「カチャカチャ」という音がなく静か。
ただ、簡単に押せるようになっているのでミスタッチが多くなるかも。

確実なキー操作が必要なFPSでは慣れるまで大変かもしれない。

一様に慣れという部分が大きいと思いますが、個人的にはパンタグラフに慣れておけば、どんな場面でも扱いに戸惑うっていうことはなくなるんじゃないかなと思います。

↓パンタグラフ式おすすめキーボード

LOGICOOL イルミネートキーボード ソフトパームレスト採用 CZ-900



【激しいゲームをやる人ならメンブレン】
FPSなどのオンラインゲームをキーボードでやる人にとって、耐久性や正確な操作性は必要事項。
そういったことを重視するなら、やはりメンブレンが良いでしょう。

メンブレンは構造が単純な分、パンタグラフより強固で長期間の使用に耐えられます(当然個人差がありますがw)

私もゲームなどのFPSをやるときはメンブレンタイプのキーボードを使っています。
ただ慣れているっていうだけかもしれませんが、パンタグラフよりは成績がいいですね~。

↓メンブレン式おすすめキーボード

Microsoft® SideWinder® X4 Keyboard モンスターハンター フロンティア オンライン スペシャル エディション JQD-00019



【有線、無線どちらがいいのか?】
キーボードは激しくキーをたたくことはあっても、キーボード自体が激しく揺さぶられることはありません。
そういったことを考えれば、有線一択で問題ないと思います。
ただ、自宅以外でも使い慣れたキーボードを使いたい、見た目すっきりしてかっこいいほうが良いっていう人であれば、場所を選ばずに使うことが出来て、配線が見えることのない無線のほうがいいかもしれませんね。

私自身は自宅オンリーで使い、電池交換の煩わしさが嫌なこと、安定した動作が欲しいという点から有線のキーボードのみ使っています。



【結局なにがおすすめなのか?】
個人的におすすめしたいのはやはり「パンタグラフ式」のキーボード。

私は夜中にPCを使うことも多いため、出来る限り「騒音」の元になるものは排除したい。
メンブレンタイプのキーボードのカチャカチャ音は、使ってる本人はどうであっても、静かに寝ている人にとっては騒音以外の何者でもありません。

今後社会人になってPCを使う機会が増えるのであれば、デスクトップよりはノートに触れる機会のほうが多いかと思いますし、そうなればメインで使うのはパンタグラフタイプです。

会社でノート、自宅でデスクトップを使っている私にとっては、同じような操作環境を作るっていうのが結構大事だったので、そういう意味からもパンタグラフを使っています。

あまりこだわりが無い人にとっては何を。。。と思うかもしれませんが、日々触れる入力装置が自分にあったものに変わると、かなり快適に過ごすことが出来ると断言できます。

そんなわけで、今キーボードを探している人!!

ぜひ一度パンタグラフ式のキーボードを使ってみてくださいw


-


キーボードで手の甲が痛くなるあなたへ。


LOGICOOL イルミネートキーボード ソフトパームレスト採用 CZ-900


まず第一にパンタグラフであるということ。
パンタグラフとはノートPCと同じ方式で、一般的なキーボードのイメージよりはキーピッチが浅く押しやすいタイプです。
ピッチが浅いため、指を動かす範囲が若干小さくなるので疲れにくい。
押すための力も弱くなるため、必然的にキーを押したときの音も小さくなります。

結構良いことばかりのように見えますが、「慣れ」っていうのがあるため、慣れないうちはミスタッチなどがも出てきて使いづらい・・・と考えるかもしれません。

ただ、最近のメーカー製PCではデスクトップタイプでもパンタグラフ方式をとっていることが多く、今後は主流になっていくことが予想されます。


そんな今が旬?のパンタグラフ式のキーボードで、かなり評価が高いこのキーボード


パンタグラフであること以外の特徴もしっかり書いていきたいと思います。



【特徴】
①イルミネーションライトで光る。
 明るい部屋でばかりPCが使えるとは限りません。 このキーボードはそれ自体がイルミネーションで光るため、暗い部屋でも作業が可能! 明るさはキーボードで調整可能です。
DSC02270-f6073.jpg

②付属されたソフトパームレスト
 キーボードに付属されたソフトパームレスト。 キーボードと同じ高さに手首を乗せることが出来るので、かなり楽にタイピングが出来ます。
別売りのクッションを買わないで済むのが経済的ですね。

③ワンタッチキー
 キーボードのワンタッチキーを使うと簡単にメディアプレイヤーの起動やブラウザ、メールなどを開くことができます。 こういった小さな便利がかなり重宝するんですよね~。




簡単に特徴だけ挙げてみましたが、個人的には使用感はかなり良いです。
今まで何個かキーボードを買い替えてきましたが、一番満足しています。

価格はアマゾンで5000円程度。
キーボードとしてはちょっとお高め?(ゲーム用と比べると格段に安いです)に感じるかもしれませんが、クッション付き、イルミネーション、ワンタッチキーなど様々付属したキーボードなら、他だと5000円で買うのは厳しいと思います。
なおかつ使用感がいいので、言うことないんじゃないでしょうか?

パンタグラフ式の良いキーボードを探している人いたら、おすすめ出来ます。

ただ、一つ。
有線なので無線式を求める人には、ちょっと厳しいかもしれません・・・。
ってことだけでしょうか。


以上、おすすめキーボードでした。

-

キーボードは超汚い!掃除してます?

キーボードってびっくりするぐらい汚いのを知ってました?
一説ではトイレの便座以下なんだとか・・・。
よく考えれば、トイレの便座とかってキーボードよりも掃除しますしね・・・w

ということで、かなり汚いキーボードをお手軽に掃除できるものを紹介します。
一応キーを外してガッツリ掃除するっていうのもありますが、そこまで手間かけるのも面倒ですし。


①初級編
一番簡単なのがこまめに埃の掃除をするキーボード用のホウキ。
これはどこでも売ってますが、やっぱり100均に売ってるやつよりはメーカー製のが良さそう。


ELECOM KBR-001BU ホコリキャッチャー

説明はあんまりいらないと思いますが、細かい毛先を使って静電気によって埃をとるタイプ。
これはホコリも取れやすく結構実用的。
キーボードだけじゃなく、モニターとかPC周辺の掃除にも使えます。
これ一つあるだけでこまめに掃除が出来るんで、見た目かなりきれいになりますよ~。


②中級編
表面とかちょっとしたとこの埃をとるだけじゃあ飽き足りない!!
っていう人には、こっちのゲルタイプ。
キーボードにぎゅーーーっと押し付けて、隙間のホコリやごみを吸着します。
何度も洗って使えるため経済的。
そして、除菌効果もあるのである程度清潔さを保てますね。




アイリスオーヤマ サイバークリーン 135gプラスチックボトル入り PCP-135


③上級編
汚れてしまうキーボードなら、いっそのこと汚れないようにしてしまえ!!
ということで、キーボードのカバーです。
キーボードのカバーって結構ものを選ぶので着けたくてもなかなかない・・・っていうのがありますよね。
そんなときには、これ。




【サンワサプライ】ゴムを引っ掛けるだけであらゆる機種に簡単装着。キーボードマルチカバー(10枚セット) FA-MULTISET

引っかけて使うマルチカバー。
ものを選ばず、どんなキーボードにも装着可能なのでかなり使い勝手がいいです。
枚数も10枚になっていて、汚くなったら捨てちゃうっていう使い方も可能。

企業とかでも採用されているので品質は結構折り紙つきです。


※最後の手段※
もう、カバーとか掃除とか・・・。
そんなのはしたくない・・・。
なら、いっそ・・・!!




【日本テレビ「スクール革命」フジテレビ「めざましテレビ」で紹介】 シリコンキーボード 防水 ブラック 400-SKB013BK


キーボードまるごと洗えれば・・・!!!



以上ですw
-

未来がやってきた!「投影型キーボード」

いやあ~。

知らないうちにこんなんが出てるんですねw

使い勝手や使い心地なんぞ二の次です!

まさにアニメの世界へちょっとずつ追いついているっていう感じでしょうか。


今回紹介するのはこれ。



どんなのなのか・・・というと

投影2
投影1


いやあ、ほんと興奮しますw


机などの平らなところに投影されたキーボードに触れることで入力が可能なのだとか。

Bluetooth(R)2.0に対応しているので、もちろんiPhoneやiPadでも使用可能。


さらにうれしい機能がついていて

本来であれば投影型なのでキータッチの音は出ませんが、6段階で音が出るように調整可能。
さらに明るさと感度も調整可能で、慣れてくれば使用感は従来のキーボードのようになるかもしれません。

また、キーボードのみならず「マウスモード」っていうのも備わっていて
使い勝手が向上しています。


こんなんで仕事してたら、もう注目の的だろうなあ・・・w


キーボードをパンタグラフにしようかと悩んでいた自分が恥ずかしいほどの先進っぷりですw



価格はやはりちょっとお高く

約29000円・・・


ただ今なら、40%OFFの


17000円!!!!


になってますw



俺みたいのと違って、ちゃんとボーナス出た人ならぜひ買ってほしいw

つか、俺もほしい。


ああああぁぁぁぁ・・・・。



以上、近未来キーボードの紹介でしたw


« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login