FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


xperia GX、滑るのでケースを買い換えた。



今までハードケースを使っていたんですが、あまりに指紋が目立つことと、滑ってよく落ちていたことなどがあったので、もうちょっと耐久性のあるケースに変更しました。

それが上のケース

ぱっと見では普通のハードケースに見えますが、シリコンケースとハードケースの中間ぐらいに位置するTPUケースという素材で出来ています。
iPhoneを使っていたときにもTPU素材のケースを使っていたので、かなりお気に入りです。

個人的に、なぜTPUにしているのかというと。


ハードケースは、様々なデザインに加工できるのでかなりお洒落なものがあったり、奇抜なものがあったりと個性を出すにはうってつけ。 しかし、スマホを衝撃や傷から守るという役割が厳しいという弱点もあります。

シリコンケースは、非常にやわらかく衝撃にも強いのでスマホをしっかりと守ってくれます。 ですが、素材の性質上「クリア」を作ることが出来ず、さらに埃などの汚れもつきやすい難点があります。

そしてTPU。
これがほぼ中間に位置しており、ハードケースほどのデザインの自由さは無いものの、シリコンケースよりは自由度があるため「クリア」(半透明)のケースを作ることが出来ます。 衝撃に対してもシリコンケースほどではないですが、ハードケースよりは断然上という代物。

悪く言えば器用貧乏なんですが、個人的な欲求を満たしてくれるのがこのTPU素材だけでした。


もちろん、ほかにも金属バンパーや皮素材などたくさんありますが、そのあたりは本当に「趣味」の領域に入るので人に薦められるよりは自分で探して選んだほうが良いと思います。


ということで、今までTPU素材のケースを試していない人いましたら、ぜひ一度使ってみて欲しいですね。



ちなみに、スマホのほぼ全機種でTPU素材のケースは発売されていると思います。




スポンサーサイト



つるつる滑るスマホをがっちりグリップ!




きれいで光沢のあるスマホ
凹凸も少なく、サイズもガラケーより大きいため滑って落としそうになること、何回かありました・・・。
幸いにも落としたことはほとんどないんですが、


持ちづらい



という事実は否めません。


ということで、私が今スマホにペタッとつけているのが、このバンカーリング
スマホの背面に直接取り付けて、画像を見た通りリングに指を通して楽に持てるようにするもの。
仮に手が滑ったとしても指が通っているので落ちません。


貼り付けは何度も吸着可能な素材になっており、丸洗いも可能。
リング自体も折りたたみが出来てかさばることがありません。
リングの向きは変えることが出来て、スタンドにも変身。


野暮ったく見えるかもしれませんが、見た目以上にかなり使えます。

車内でスマホの音楽を手軽に聴いてみる。

今やスマホで音楽を持ち歩くのは当たり前。
長いドライブ最中にお気に入りの音楽を聴きながら行きたいですよね。

車内で音楽を聴く方法は色々あります。

1、CDで聞く
2、ラジオで聞く
3、HDDに録音した音楽を聴く
4、MP3で聞く
5、USBを刺して聞く。

などなど。


どの方法で聞いても良いのですが、せっかく録音済みの音楽が入っているスマホがあるのなら、活用できるのが一番手軽です。
ということで、スマホの音楽を車内で聞く、もっとも手軽な方法をご紹介します!!


それはFMトランスミッターというものを使って音楽を聴くという方法。


FMトランスミッターとは、iPhoneやアンドロイドスマホに入っている音楽を「FMラジオ」の周波数電波を飛ばして、車のスピーカーから音楽を流すというもの。


使用方法は、
FMトランスミッターの機能がついたものを車のシガーソケットに装着。
その機器とスマホを繋げて、スマホを操作。
音楽を流す。
という非常に簡単な手順で利用可能になってます。



そんなFMトランスミッターの機能を備えたアイテムーを以下に紹介!
もっとも手軽でイヤホンジャックを利用したものを紹介!
イヤホンジャックのタイプならスマホの種類に関わらず、ほとんどの機種で利用可能なので安心です。
しかも、イヤホンがついているものなら可能なので、iPodでもウォークマンでも、音楽が入っていて、イヤホンジャックがあるものなら何でも使えるという優れものですよ!





アップルロゴを活かしたオシャレなケース!




iPhone5の背面に入っているアップルのロゴを活かしたハードケースが発売されています。
デザイン性を損なわずにオリジナリティが出せる、かなりカッコイイケースです。
デザインも複数用意されているので、きっと好みのものが見つかると思います。

ケースやバンパーなどは「基本的に」傷から守るものですが、今では「個性」を出すためのアイテムになっています。
iPhoneに至っては「裸」のほうがかっこいいっていうのもありますが、着せ替えとかしていないと飽きちゃいますよね!

スマホは自分好みのアプリを入れたりしてカスタマイズ。
結構長く使っていくものなので、ぜひオシャレにも気を使ってみてくださいw

※ビジネスシーンでは華美なのは厳禁ですよ!

結構便利そう。車内用スマホホルダー。




かなり普及しまくってるスマホ
車内でも使う機会が増えてます。
接続して音楽を聴いたり、ナビがわりに使ったりと。

使う機会が増えてますが、基本両手で操作するスマホを運転中に使うのは物理的に無理!

私もスマホ用のホルダーを取り付けてますが、このホルダーは一味違うー。


シガーソケットに接続できるようになっていて、ホルダーについているUSBポートに充電用の線を差し込めば、充電しながらスマホホルダーに置いておける優れもの。
まあ、探せばありそうですし、別々に用意すれば問題ないんですが、こういった小物が一つあるだけでかなり運転中のストレスは減るものです。


余談。
車のシガーソケットは基本「一つだけ」なので、他に接続するものがあるときはいちいち外さないといけません。
そういうときには、増設用のものを一つ持っておくと便利でっす。



Xperia GXの通話中ブラックアウトが不便すぎる

今持ってるスマホ、ドコモのXperia GX。
これの不具合で、通話中に画面が暗くなり(ブラックアウト)もとに戻らない現象があります。
当然通話するときはスマホを耳元に持ってきます。
耳元に持ってくるということは、スマホにとっては「暗くなった」ということになるので、画面が暗くなるわけですね。
話が終わり、耳元からスマホを離すと通常は明るくなるわけですから、画面も明るく戻るはずなのです。

それが不具合によって、暗いままもとに戻らない。
その暗い状態のままだと操作が不可で、通話を切ることも出来ない。
普通の友達相手だと、電話相手からも通話を切ってくれるからいいのですが、取引先やビジネスの通話であれば、マナーというか気遣いみたいな感じで「相手が切るまで切らない」、または「相当の時間をおいてから、ゆっくり切る」という感じになります。
そんなときに「こちらから電話が切れない」という状況がかなり不便・・・というか嫌なわけですね。

その改善方法をなんとか探しては見たのですが、現状これといった打開策がない模様。

今私がやっているのは、話が終わったら一度電源ボタンを押し、画面を復帰させてから通話を切るということをしています。
ひと手間かかるだけのように見えますが、これが毎回となるとかなりの手間です。

こればっかりは早く直してほしいなあ・・・。




初音ミクのARフィギュアが!CD「渋谷系feat.初音ミク / V.A」用アプリ配信

7月11日発売予定の音楽CD「渋谷系feat.初音ミク / V.A」のパッケージからマーカーを読み込み「ARフィギュア・3D初音ミク」が楽しめるアプリ『渋谷系初音ミクAR』を無料で配信開始

『渋谷系初音ミクAR』は、スマホを通じてCD「渋谷系feat.初音ミク / V.A」のパッケージからマーカーを読み込み、ARフィギュア・3D初音ミクを楽しむことができるアプリ。

CD購入前でも楽しめるように、渋谷道玄坂下・交差点付近(CDジャケット・イラストの絵柄付近)でアプリのGPSモードを起動すると、渋谷の街に初音ミクが登場するARコンテンツを体験できるサービスが8月末までの期間限定で提供中

『渋谷系初音ミクAR』は、好評配信中で価格は無料。


【送料無料】渋谷系 feat.初音ミク

【送料無料】渋谷系 feat.初音ミク
価格:2,300円(税込、送料別)




テーマ : スマートフォン・アプリ    ジャンル : 携帯電話・PHS

« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login