FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


やはり売れ始める空気清浄機。

最近、中国の大気汚染がひどい。
その大気汚染。
海を挟んだお隣の国だけの問題ではないです。


中国の異常なほど汚れた大気。
その汚れた大気は偏西風に乗って日本にがんがん上陸しています。
ちょうど季節ごとに吹いてくる黄砂と同じです。

その大気がどれほど汚れているのかというと・・・。


中国の都市「北京」で一日、ただ過ごしただけで「たばこ10本」吸ったのと同程度で汚染されるという驚愕な事実!


こんなんだとたばこをやめても・・・毎日10本吸ってるのと同じなんて・・・。


ということで、空気清浄器がかなり売れているようです。

せめて自宅だけでも綺麗な空気で・・・。



中国本土の汚染地域では、日本製の空気清浄器を置いても効果が感じられないほどらしいです。





で、私がおすすめするのが、このダイキンの製品。

ダイキンと言えば空調機器で有名なメーカー。
なんとなく、イメージ的にパナソニックのプラズマクラスターのがいいんじゃない?
って思うかもしれませんが、そんなことないです。
私の家ではパナのプラズマクラスター付きの空気清浄器も使っているのですが、この付加価値とも言えるプラズマクラスターにあまり効果を感じることが出来ません。

やはり、まだまだ確立していない技術なので、こんなもんなんですかね・・・。


ダイキンの空気清浄器はちょっとお高いですが、お高い値段なりの効果、性能は持ち合わせています。
レビューの評価も高いですし、空気の汚れが気になるこのご時世。
良い空気は自分で作り出す必要があるのかもしれませんね・・・。

スポンサーサイト



お気に入りのケトル



扱い怖いですけど、結構おしゃれなガラスのケトル。
大きめに見えますが、お湯が沸騰するためにだいたい半分ぐらいまでしか水を入れることが出来ません。
それでもお茶などなら、4人分ぐらいは一気に作ることが出来ます。
お湯が沸くのも早くて、だいたい3分前後ぐらいで完了。

そして何より良いのが、お湯が沸騰しているところが目で見えること。
別に珍しいわけでもないんですが、見た目にきれいなのです。

唯一の難点が、水道水を入れて使っていると底に「カルキ」の跡みたいのがついてしまい、容器がガラスなもんだら丸見えになってしまうこと。
洗剤で洗うことも出来ませんよ!!って書いてあるので、カルキとりのクエン酸などを使い掃除の必要があります。
ただ、いつもお湯を沸騰させて使用するものなので「不潔」というわけではなく、見た目が悪いってことですね。

今ではこのケトル。
お茶を入れるようなおしゃれな使い方だけではなく、カップラーメンのお湯づくりにも使われていますw

« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login