FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


キルヒホッフの第一法則


↑とりあえず、私が使っているテキスト。


キルヒホッフの第一法則
同じ向きで流れる電流が合流した点から流れる電流は、合流前の電流の総和と等しい。

例)
左から右方向に流れる電流 Ia、Ib、Icがあり、その電流がトランジスタなどで合流しているとする。
合流した電流がトランジスタのエミッタ(E)から流れる電流Idだとすると

Id=Ia+Ib+Ic

となる。
スポンサーサイト



正弦波の最大値など

正弦波の最大値

正弦波の最大値、波の一番上でEmと表す。

実効値はEm/√2で求めることが出来る。

平均値は2Em/πで求めることが出来る。



インピーダンスZの補足
前回のインピーダンスZの補足。
このインピーダンス、交流回路用の抵抗・・・という捉え方が良い模様。

直列交流回路で、抵抗RとリアクタンスLがある場合
インピーダンスZを求める公式は


Z=√R2乗 + XL2乗


この直列交流回路にコンデンサ(静電容量C)が追加で接続された場合の公式は


Z=√R2乗 +(XL - XC)2乗


となる。

コンデンサとリアクタンスは相殺しあう関係のため、インピーダンスを求める際は差を求める。
あとはその差の答えを2乗し、Rと加えることで求めることが出来る。


インピーダンスの求め方




インピーダンスの求め方
インピーダンスは簡単に言ってしまうと回路中の抵抗の合計。

インピーダンスZ

Z=√R二乗 + (ωL - 1/ωC)二乗

Rは普通の抵抗。
Lはリアクタンス。
Cは静電容量。


アドミタンスYの求め方
インピーダンスZの逆数。
つまり電流の流れやすさ。


Y=1/Z
 =√(1/R)2乗 + (ωC - 1/ωL)2乗



インピーダンスZの逆数であるため、公式も逆数になっている。
Rは 1/R となり、ωCとωLも逆になっている。

並列回路の合成抵抗

並列回路の合成抵抗

R=(R1×R2)/(R1+R2)
抵抗の積分の和。


並列回路の電流
電流は分路する。

I=I1+I2

I1=R2/(R1+R2) × I

I2=R1/(R1+R2) × I


電流は抵抗の大きさに反比例して流れる。
電流I1の場合、抵抗R1に流れていく電流なわけだが、抵抗は文字通り「電流を流れにくくするもの」なので、流れる電流は抵抗R1の逆、つまり値としてはR2の分が流れることになる。
抵抗R1の値が大きくなればなるほどにR2の値は小さくなるため、電流I1は小さくなる。


(余談)
並列回路で電圧は一定であるため、電流I=I1+I2がわかれば、全体の抵抗がわかる。

直列回路と並列回路の基本

直列回路
直列回路の電流は等しい。
直列回路の電圧は V=V1+V2
直列回路の抵抗は R=R1+R2


並列回路
並列回路の電流は I=I1+I2
並列回路の電圧は 等しい。
並列回路の抵抗は 1/R=(1/R1)+(1/R2)
※全体の抵抗は、各抵抗よりも小さい。

電験三種 難しい・・・




今後の安定した生活を獲得するため、良資格である「電験三種」を取得しようと勉強中。
ではありますが、頭が文系であるためか異常なほどに難しい。
というか理解が進まない・・・。


今やっているテキストは上のものなんですが、完全初心者用ではないっていうのが大きいのかも。


本当に初心者のときにはテキストを読んでいても「初心者すぎる」ので、こんなものなのか。。。と適当に読み進めていけますが、初心者に毛が生えたようになってくると、このテキストが初心者向きでないのがよくわかってきます。


なぜか、というと。


多くの説明ではしょられている部分がかなりあります。
明らかに一通り初心者用の勉強を終えた人向けに作っている内容です。

通常のテキストの作りと同じで項目ごとに説明が載っており、復習のため問が一つか二つ載っている。
という感じ。
その問いに出てくる問題が突然「応用編」になっているため、まるでわけがわからない。
基本の基本、基礎を固めなければ応用など出来るわけもないのに、なぜいきなり応用編なのか・・・。


個人的には一度このテキストは封印して、完全に初心者用のものを買い直そうと思っています。
このテキストが役立つのは過去問をやっていてわからない部分を調べるときに使うってことになりそうです。

算数、数学がわからない・・・



ということで買っていた本がさっそく届きました。
現在転職に向けて「電験三種」の勉強をしているんですが、法律などの暗記モノがほとんどだと勘違いしていた私。
勉強の半分以上が「数学と公式」に埋め尽くされていると言っても過言ではない内容になっていました。

いろいろネットで調べていると数学に関しては基本的に「高校一年~二年」程度の内容になっているということで油断していましたね。


やってみるとかなりわからない。
数学どころか算数すらも・・・。

当然足し算・引き算・割り算・掛け算程度は一般社会でも使うのでわかりますが、ほんと何十年とやっていないと全く覚えていないものです。

分数の中に分数があり、それを分数通しで割ると・・・


えっ・・・。


なんでわからんの・・・。



という問題ばかり。



普段、計算は電卓や関数まかせ。
計算するにしたって普段は基本的なものしか使わない。
方程式などつかわんし、連立しちゃうと余計に使わない。


電験三種の勉強より先に、数学・算数の勉強が必要なようです・・・。



※いくつかのサイトでは、別途このような数学の勉強は必要なく、公式を覚えれば問題ないと書かれているものが見られました。
サイト運営者様にとってはそのような感じで問題ないのかと思いますが、個人的には合格を確固たるものにするためには、余計な時間かもしれませんが「復習」の意味を込めてやっておいたほうが間違いないと思います。

過去、宅建やFPをはじめ資格を取得してきましたが、本番では七割程度の力が出れば良い方だったというのが正直なところです。 ギリギリでの合格ではありませんでしたが、それでも正答率は八割程度です。

このような性格の私でも八割に留まるのが資格試験かと思いますので、満点を取るぐらいの気持ちでやっておいたほうが安心だと思いますよ。

« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login