FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


年末ですね! インクの準備は済んでますか!?

年末がやってきましたね~。
慌ただしくもあり、何やらそわそわもしたり。
はたまた楽しさもあったりと、色々と忙しい時期です。

そんな忙しい時期の中、煩わしい・・・といってはあれですが、ひと手間かかるのが日本独特の年賀状。
差し出す先が大量にある人は、おそらくはがきの裏面は既にきちんと印刷されたものを用意して、表の宛名書きだけ手書き、または印刷っていう人が多いかと思います。

ですが!!

最近は、ご自身でデザインしたり、オリジナリティを出したりと頑張って作ってる人も多いはずw

私も、頑張っているわけではないですが家にせっかくプリンターがあるので毎年作っています。


そこで意外なほどに消費するのが、プリンターの「インク」なんですね。


このインクが結構高くて、純正品を買うと5色セットなどで4000円近くしたりもします。
買ったプリンターが1万5000円ぐらいなのに、インクが4000円ww
なんて笑いたくなるぐらいです。

まっとうな人は純正のインクを仕方なく購入されるんだと思いますが、よく印刷する人は、インターネットで賢く、安い、品質の良いインクを購入しています。


それがこれ!!

埜仲商店


純正品互換で、なにより価格が純正品の半値以下!
今まで純正品ばかり買っていた自分を殴ってやりたいですねw

賢く年賀状をのりきりましょー。
スポンサーサイト



PC版「LINE」で音声通話が可能に!

mza_4072987963846942881.png
LINE公式

iPhoneやAndroidスマホでの利用がメインのアプリ「LINE」ですが、PCでも利用できるのを知ってましたでしょうか?
管理人、知ってはいたのですが、今までPC版は音声通話が出来なかったので使ってませんでした。

目出度いことに、この度のアップデートでPC版のLINEからも無料音声通話が出来るように!


PC版のLINEは利用規定として、スマホでLINEが登録されていることが前提。
メッセージの着信があると、PCとスマホ両方に着信してしまうのがちょっとうざったいですが、連続性を持たせるには必要なことなのかも・・・。

まあ、なにはともあれ、ヘッドセットなどを持っている人なら手軽に音声通話が楽しめるようになったのは便利なことです。



PCゲームのマウス、結局これに戻る


今一番使ってるのがこれです。
安いわ、軽いわ、どこにでも売ってるわ・・・とゲームマウスとはかけ離れた存在。
ぶっ壊れてもすぐに買い替えがききますし、1000円以下なので消耗品と割り切れます。
一応いままでゲームマウスやらその他、色々使ってきましたが、結局はこれに戻るんですよね。

たくさんの機能がついているわけでなく、左クリック・右クリック・ホイールのみ。
マウスの大きさは比較的小さめで、PC購入時にでふぉでついているマウスと同じような大きさ?と思ってもらえれば問題ないと思います。
なので、マウスの持ち方が「かぶせ持ち」の方だとちょっと大きさ物足りないかも。
私のような「つまみ持ち」ならちょうどいい感じです。

FPSをメインにやっているのに「つまみ持ち」なのは珍しいですが、一応できております。

散々いろんなマウスを使ってみて、どれもしっくりこねえな。
と思っている人がいたら、1000円以下なので一度買ってみてください。
案外いいんじゃね?ってなると思います。

パソコン工房で新PCを購入した。

ゲームパソコン

と、いうことで、タイトルの通りにパソコン工房で新PCを購入。
ジャンル的にはゲームパソコンにあたるかと思います。

価格はお安くなっており、長期保証もオプションで付けて9万円ほど。
もちろん、モニタはなしですw
BTOで購入したわけではなく、店頭で構成済みのモデルを買いました。
自分で選んで作ってもらっても良かったんですが、だいたい希望と似通ったものだったし、値段的にも納得だったので。

構成は以下の通り。


【CPU】Core i7-3770K
【メモリ】4G × 2 の8GB
【グラフィック】GTX560 Ti
【HDD】SSD120GB + HDD1TB


ざっくりとはこんな感じです。


CPUはやや上位クラス。
メモリは多いわけではないですが、ゲームPCとしては現時点で標準程度。
グラフィックは、一世代前のものですが現状でも中の上ぐらいので及第点。
HDDは個人的にSSDいらなかったですが、HDD1TBあってので良し。
と、納得して購入しました。

購入当時はSSDいらねえな~って思ったんですが、使ってみると快適!
起動も早いですし、CドライブにはOSと必要最低限のプログラムだけを入れて運用しようと思います。
ただ、やはり問題はあるようで、SSDはHDDよりも消耗が激しいので、いつまで持つのかな・・・という不安も。
まあ、1~2年様子は見てみようと思います。

ためしにパソコン工房のネット見積もりで似たような構成にしてみましたが、店頭で購入した価格よりも1万程度高くなってしまいました。
やっぱり既製品で安売りしているものには、いかにBTOと言えどもかなわないようです。


※動作保証まではいきませんが、このPC構成でFF14(新生はどうなるか不明ですが)は普通に出来るそうです。(もちろん最高画質だと厳しめ)

Medal of Honor: Warfighterの新システム,“Fire Team”を紹介する動画



テーマ : ゲーム    ジャンル : ゲーム

G-Tuneからスペシャルフォース2推奨PCが発売~。

icon
icon
スペシャルフォース2推奨パソコン
icon



ということで、SF2の推奨PCがマウスPCのG-Tuneからも出ました。
価格はドスパラとほぼ変わり無い69000円。


スペック的にも「ほぼ」変わらないぐらいなので、お好みでということになりそうです。

【スペック】
・CPU:インテル Core(TM) i5-3450 プロセッサー
・チップセット:インテル B75 Express チップセット搭載
・メインメモリ:4GB
・GPU:NVIDIA® GeForce® GTX560 / PCI-Express 2.0
・ハードディスク:500GB HDD (SATA 3Gb/s 接続)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
・電源:500W電源搭載/AC 100V(50/60Hz)
・OS:Windows7 Home Premium Service Pack 1【64bit】


少し見比べると、ドスパラよりわずかに電源が弱くなり、GPUは若干良くなっている点が異なっています。
どちらを取るか・・・ということになるんでしょうかね。

テーマ : 周辺機器    ジャンル : コンピュータ

ナナオからゲーマー向けディスプレイが発売「FORIS FS2333」


ナナオ FORIS 23.0インチ TFTモニタ 1920x1080 DVI-D24ピンx1 D-Sub15ピンx1 HDMIx2 ブラック FS2333


価格はおおよそ4万円。
ネットで買って3000円マイナスぐらいで買えれば御の字でしょうか。


一般的なディスプレイと比較すればちょっと高めですが、それだけの性能は備えています。

IPSパネルを採用して、応答速度は3.4ms。
かなり早い。
最速ではないものの、「ほぼ最速」。

一番の特徴は「Smart Insight」という機能。


これはあなたが普段見る「標準の明るさ」を決めておいて、見づらい部分などを調整する機能。


例えばFPSなどをやっていて、こんな場面に遭遇したとする。

best_free_and_open_source_fps_games_01.jpg

かなり見にくいですよね。


通常はこんな見にくい場面に遭遇しないため、ガンマを上げて全体を明るくしてプレイするんですが、これだと暗くないマップでは明るすぎたり、ある程度暗いほうが雰囲気がでるマップでぶち壊しってことが多々あります。

そこでSmart Insightでは、全体を明るくするのではなく「暗く見づらい部分」のみを明るくして、ゲームの雰囲気を壊すことなく視認性を上げることが出来ます。


正直、もうこの機能だけでも個人的には「買い」ですw



この機能を使うことによって下がる応答速度は0.05以下だとか。



そんなことならずっと使っていたほうがいいですねw



他にもディスプレイ自体を左右だけでなく、前後にも傾きを調整できる機能などもついていて、かゆいところに手が届く仕様になってます。



2台目のディスプレイや新しく買い替えを検討している人には、かなりおすすめ出来るディスプレイだと思います。
テーマ : 周辺機器    ジャンル : コンピュータ

FPS「ARMA3」光に注力したトレーラーを公開



とりあえず全部動画は見てみましたが、確かにきれいなものの「とびぬけて」というわけではなさそう。

光に対するリアリティは注力しているだけあって、なかなかなものじゃないかなと。

ただ、水中のシーンでの泳ぎ。
ちょっと動きが単調すぎるのでちょっと改良してほしいかな~と思っちゃいます。

何にしてもクオリティの高いゲームであることは間違いなさそうです。




ARMA2 日本語マニュアル付英語版

テーマ : ▼ゲームの話    ジャンル : ゲーム

PCゲームランキング~5月4週~

diablo_3_20120523110840.jpg


2012年5月第4週のPCゲームランキングです。

これを見れば今のゲーム情勢がわかる!?


詳細は続きでw
テーマ : ▼ゲームの話    ジャンル : ゲーム

キーボードで手の甲が痛くなるあなたへ。


LOGICOOL イルミネートキーボード ソフトパームレスト採用 CZ-900


まず第一にパンタグラフであるということ。
パンタグラフとはノートPCと同じ方式で、一般的なキーボードのイメージよりはキーピッチが浅く押しやすいタイプです。
ピッチが浅いため、指を動かす範囲が若干小さくなるので疲れにくい。
押すための力も弱くなるため、必然的にキーを押したときの音も小さくなります。

結構良いことばかりのように見えますが、「慣れ」っていうのがあるため、慣れないうちはミスタッチなどがも出てきて使いづらい・・・と考えるかもしれません。

ただ、最近のメーカー製PCではデスクトップタイプでもパンタグラフ方式をとっていることが多く、今後は主流になっていくことが予想されます。


そんな今が旬?のパンタグラフ式のキーボードで、かなり評価が高いこのキーボード


パンタグラフであること以外の特徴もしっかり書いていきたいと思います。



【特徴】
①イルミネーションライトで光る。
 明るい部屋でばかりPCが使えるとは限りません。 このキーボードはそれ自体がイルミネーションで光るため、暗い部屋でも作業が可能! 明るさはキーボードで調整可能です。
DSC02270-f6073.jpg

②付属されたソフトパームレスト
 キーボードに付属されたソフトパームレスト。 キーボードと同じ高さに手首を乗せることが出来るので、かなり楽にタイピングが出来ます。
別売りのクッションを買わないで済むのが経済的ですね。

③ワンタッチキー
 キーボードのワンタッチキーを使うと簡単にメディアプレイヤーの起動やブラウザ、メールなどを開くことができます。 こういった小さな便利がかなり重宝するんですよね~。




簡単に特徴だけ挙げてみましたが、個人的には使用感はかなり良いです。
今まで何個かキーボードを買い替えてきましたが、一番満足しています。

価格はアマゾンで5000円程度。
キーボードとしてはちょっとお高め?(ゲーム用と比べると格段に安いです)に感じるかもしれませんが、クッション付き、イルミネーション、ワンタッチキーなど様々付属したキーボードなら、他だと5000円で買うのは厳しいと思います。
なおかつ使用感がいいので、言うことないんじゃないでしょうか?

パンタグラフ式の良いキーボードを探している人いたら、おすすめ出来ます。

ただ、一つ。
有線なので無線式を求める人には、ちょっと厳しいかもしれません・・・。
ってことだけでしょうか。


以上、おすすめキーボードでした。

-

« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login