欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETCを取り付けた。




結構高速を使う機会が増えてきたので、ちょうどよく先月末近所でオープンしたオートバックスでETCを購入。
購入したのは、上のやつです。


機能的にはごくごく一般的ですが、一応下に紹介。


1、カード有無の音声案内。
 こいつエンジンつけるたびに毎回言うので最初はうるさく感じますw

2、カード刺さってる時は緑、無い時はオレンジに光る。
 画像でもわかる通り、カードの差し込み口がカードがある時は緑、無い時はオレンジに光ります。
ちなみにアンテナもカードがあるときは緑に光ります。 ない時は光りません。

3、カードの有効期限を読み上げる。
 カードの有効期限を起動のたびに読み上げてくれます。 有効期限数ヶ月前からとかならいいんですけど、まだ4年もあるのにアナウンスするのかよ・・・w

4、お金関連を教えてくれる。
 今いくら払ったよ! これまでいくら払ったよ!
っていうお金に関することを教えてくれる。 どうせ高速に乗ればETCは通るのでお金をいちいち気にしてても仕方ないんですが、なんとなく安心しますw


ということで、オートバックスで買ったときは全部(本体価格、セットアップ、工賃)など全て込で12000円ほどでした。

上で紹介しているものは送料などを考えると、本体価格はだいたい7000円
自分で取り付けなどを出来る方なら、7000円ETCが手に入るというわけですね。


で、忘れてはいけないのがETCカード。
これがないと毎日うるさいだけのおしゃべりマシーンですw


下のカードが実際私が使っているETCカード。


まあ、どなたもよく知っている楽天カードですねw
私はクレジットカード、楽天カードしかもっていないので、そのカードに付属してETCを申込みました。
100円につき1ポイントですんで、3000円使えば30ポイントです!(当たり前w)


楽天カード本体は、年会費等は全て無料なんですが、ETCカードについては年会費が500円ちょっとかかります。
が、もしよく楽天を利用する人、もしくは既にプラチナ会員になっている人なら、年会費は無料になります。
ポイントの還元率が圧倒的に良い楽天カードなので、もし年会費に目をつむることが出来るのなら、おすすめのカードです。



以前話題になった高速道路の無料化も有耶無耶になってしばらくはなさそうなので、車で遠出する人には、まだ必須のアイテムとなりそうなETC。
無料化の時期が明確に示されない限り、需要は続きそうなので安い今のうちに手に入れるのがいいかもしれません。




ちなみに。



バレが怖いので詳細は省きますが、ETCなしで現金により支払いを行い高速道路を乗った場合(目的地により異なる)、前回片道で4000円、往復で8000円でした。
これがETCを付けると片道1400円、往復でも3000円と半額以下に・・・!!
卑怯すぎるw


ということで、一度乗ると5000円。
2度乗ると10000円も浮く計算に。


なので、距離によっては高速2往復するだけでETC購入の元が取れるということになります。
スポンサーサイト

やはり売れ始める空気清浄機。

最近、中国の大気汚染がひどい。
その大気汚染。
海を挟んだお隣の国だけの問題ではないです。


中国の異常なほど汚れた大気。
その汚れた大気は偏西風に乗って日本にがんがん上陸しています。
ちょうど季節ごとに吹いてくる黄砂と同じです。

その大気がどれほど汚れているのかというと・・・。


中国の都市「北京」で一日、ただ過ごしただけで「たばこ10本」吸ったのと同程度で汚染されるという驚愕な事実!


こんなんだとたばこをやめても・・・毎日10本吸ってるのと同じなんて・・・。


ということで、空気清浄器がかなり売れているようです。

せめて自宅だけでも綺麗な空気で・・・。



中国本土の汚染地域では、日本製の空気清浄器を置いても効果が感じられないほどらしいです。





で、私がおすすめするのが、このダイキンの製品。

ダイキンと言えば空調機器で有名なメーカー。
なんとなく、イメージ的にパナソニックのプラズマクラスターのがいいんじゃない?
って思うかもしれませんが、そんなことないです。
私の家ではパナのプラズマクラスター付きの空気清浄器も使っているのですが、この付加価値とも言えるプラズマクラスターにあまり効果を感じることが出来ません。

やはり、まだまだ確立していない技術なので、こんなもんなんですかね・・・。


ダイキンの空気清浄器はちょっとお高いですが、お高い値段なりの効果、性能は持ち合わせています。
レビューの評価も高いですし、空気の汚れが気になるこのご時世。
良い空気は自分で作り出す必要があるのかもしれませんね・・・。

PS3で録画。 容量が足りない!!



このPS3では、皆さんご存知のとおり、ある機器を購入すればテレビを録画することが出来ます。

ある機器↓

【PS3】 torne(トルネ) CECH-ZD1J

【PS3】 torne(トルネ) CECH-ZD1J
価格:7,980円(税込、送料別)




使い方は簡単でPS3と接続して、あとはちょっとだけ説明書を見ながら(機械に慣れてる人なら説明書すら不要)設定をするだけでOK。

で、簡単に録画が出来るのですが問題は容量。

録画の保存先はトルネではなく、PS3本体になります。
掲載している最新型のPS3でも容量は250GB。
あくまでMAXの容量ですので、使えても230GB前後でしょうか?

一般的なPC本体の容量でも、今では500GB程度から。
いかにPS3の容量が小さいかがわかります。


ただゲームをするだけなら250GBもあれば十分なんですが、テレビ録画をするとなると話は別です。
PS3では録画した番組をブルーレイやDVDにすることも出来ないため、一度見た番組はすぐに消すということを繰り返さないといけません。


貯めておいて一気に見るというテレビ好きの人の生活には馴染まない仕様ですね・・・。


ということで、活躍するのが「外付けHDD」と呼ばれるもの。
これはデータの保存だけを請け負ってくれる装置みたいなもので、トルネ録画した番組の保存先になってくれます。
これを購入することによって、PS3の容量不足には悩まずにすむんですね。

外付けHDDでお勧めなのが下のこれ。



価格も一万円以下でお安く、しかも容量はPS3で認識できる最大容量の2TB。
ギガバイトに直すと2000GBということで、単純にPS3の10倍程度の容量があります。
そして何より便利なのが、取り付けてすぐ使えるようになっているということ。
ちなみに、このHDDはPS3だけではなく、録画機能を備えているテレビなどでも使うことが出来ます。

電源もPS3と連動するため、PS3の電源を入れれば一緒につき、PS3を終了すれば一緒に終わってくれるという優れもの。
節電の冬にももってこい?な製品ですw


私も3つとも(PS3本体、トルネ、外付けHDD)持っていますが、どれも快適に動作中です!!



※リンク先の楽天市場の店は「最安値」ではありませんが、高価な買い物になるため、個人的に信頼できるだろうという店のものを貼り付けしています。

なめこで足あったか。




ということで、商品リンクの通りですねw
USBから電力をとって温めてくれる両足スリッパです。
見た目が今はやりの「なめこ栽培キット」。
デザインに関しては趣味の問題ではありますが、冷え症や寒がりの人には実用性ありそうです。

もう一種類あって、好きな人はこちらもどうぞー。




ついでに2個セット。




xperia GX、滑るのでケースを買い換えた。



今までハードケースを使っていたんですが、あまりに指紋が目立つことと、滑ってよく落ちていたことなどがあったので、もうちょっと耐久性のあるケースに変更しました。

それが上のケース

ぱっと見では普通のハードケースに見えますが、シリコンケースとハードケースの中間ぐらいに位置するTPUケースという素材で出来ています。
iPhoneを使っていたときにもTPU素材のケースを使っていたので、かなりお気に入りです。

個人的に、なぜTPUにしているのかというと。


ハードケースは、様々なデザインに加工できるのでかなりお洒落なものがあったり、奇抜なものがあったりと個性を出すにはうってつけ。 しかし、スマホを衝撃や傷から守るという役割が厳しいという弱点もあります。

シリコンケースは、非常にやわらかく衝撃にも強いのでスマホをしっかりと守ってくれます。 ですが、素材の性質上「クリア」を作ることが出来ず、さらに埃などの汚れもつきやすい難点があります。

そしてTPU。
これがほぼ中間に位置しており、ハードケースほどのデザインの自由さは無いものの、シリコンケースよりは自由度があるため「クリア」(半透明)のケースを作ることが出来ます。 衝撃に対してもシリコンケースほどではないですが、ハードケースよりは断然上という代物。

悪く言えば器用貧乏なんですが、個人的な欲求を満たしてくれるのがこのTPU素材だけでした。


もちろん、ほかにも金属バンパーや皮素材などたくさんありますが、そのあたりは本当に「趣味」の領域に入るので人に薦められるよりは自分で探して選んだほうが良いと思います。


ということで、今までTPU素材のケースを試していない人いましたら、ぜひ一度使ってみて欲しいですね。



ちなみに、スマホのほぼ全機種でTPU素材のケースは発売されていると思います。




つるつる滑るスマホをがっちりグリップ!




きれいで光沢のあるスマホ
凹凸も少なく、サイズもガラケーより大きいため滑って落としそうになること、何回かありました・・・。
幸いにも落としたことはほとんどないんですが、


持ちづらい



という事実は否めません。


ということで、私が今スマホにペタッとつけているのが、このバンカーリング
スマホの背面に直接取り付けて、画像を見た通りリングに指を通して楽に持てるようにするもの。
仮に手が滑ったとしても指が通っているので落ちません。


貼り付けは何度も吸着可能な素材になっており、丸洗いも可能。
リング自体も折りたたみが出来てかさばることがありません。
リングの向きは変えることが出来て、スタンドにも変身。


野暮ったく見えるかもしれませんが、見た目以上にかなり使えます。

車内でスマホの音楽を手軽に聴いてみる。

今やスマホで音楽を持ち歩くのは当たり前。
長いドライブ最中にお気に入りの音楽を聴きながら行きたいですよね。

車内で音楽を聴く方法は色々あります。

1、CDで聞く
2、ラジオで聞く
3、HDDに録音した音楽を聴く
4、MP3で聞く
5、USBを刺して聞く。

などなど。


どの方法で聞いても良いのですが、せっかく録音済みの音楽が入っているスマホがあるのなら、活用できるのが一番手軽です。
ということで、スマホの音楽を車内で聞く、もっとも手軽な方法をご紹介します!!


それはFMトランスミッターというものを使って音楽を聴くという方法。


FMトランスミッターとは、iPhoneやアンドロイドスマホに入っている音楽を「FMラジオ」の周波数電波を飛ばして、車のスピーカーから音楽を流すというもの。


使用方法は、
FMトランスミッターの機能がついたものを車のシガーソケットに装着。
その機器とスマホを繋げて、スマホを操作。
音楽を流す。
という非常に簡単な手順で利用可能になってます。



そんなFMトランスミッターの機能を備えたアイテムーを以下に紹介!
もっとも手軽でイヤホンジャックを利用したものを紹介!
イヤホンジャックのタイプならスマホの種類に関わらず、ほとんどの機種で利用可能なので安心です。
しかも、イヤホンがついているものなら可能なので、iPodでもウォークマンでも、音楽が入っていて、イヤホンジャックがあるものなら何でも使えるという優れものですよ!





アップルロゴを活かしたオシャレなケース!




iPhone5の背面に入っているアップルのロゴを活かしたハードケースが発売されています。
デザイン性を損なわずにオリジナリティが出せる、かなりカッコイイケースです。
デザインも複数用意されているので、きっと好みのものが見つかると思います。

ケースやバンパーなどは「基本的に」傷から守るものですが、今では「個性」を出すためのアイテムになっています。
iPhoneに至っては「裸」のほうがかっこいいっていうのもありますが、着せ替えとかしていないと飽きちゃいますよね!

スマホは自分好みのアプリを入れたりしてカスタマイズ。
結構長く使っていくものなので、ぜひオシャレにも気を使ってみてくださいw

※ビジネスシーンでは華美なのは厳禁ですよ!

結構便利そう。車内用スマホホルダー。




かなり普及しまくってるスマホ
車内でも使う機会が増えてます。
接続して音楽を聴いたり、ナビがわりに使ったりと。

使う機会が増えてますが、基本両手で操作するスマホを運転中に使うのは物理的に無理!

私もスマホ用のホルダーを取り付けてますが、このホルダーは一味違うー。


シガーソケットに接続できるようになっていて、ホルダーについているUSBポートに充電用の線を差し込めば、充電しながらスマホホルダーに置いておける優れもの。
まあ、探せばありそうですし、別々に用意すれば問題ないんですが、こういった小物が一つあるだけでかなり運転中のストレスは減るものです。


余談。
車のシガーソケットは基本「一つだけ」なので、他に接続するものがあるときはいちいち外さないといけません。
そういうときには、増設用のものを一つ持っておくと便利でっす。



iPhone5用の強烈保護フィルムが発売! ナイフにも耐える!




個人情報。
写真。
動画。
音楽。

たくさんのものが詰まった、あなたのiPhone5

それを守るもの。
それは強力なケース、カバー、そして保護フィルム

今回、かなり強烈な保護フィルムが発売されましたw


上記の商品なのですが、過剰とも思えるほどの強度を誇っています。


液晶保護フィルムの表面には「ナイフ」ですら傷つかないという強化ガラスを採用。
また、気泡が入らない作りになっており、色のついてる枠部分にのみが接着面になっています。
色は黒と白の2色。

この気泡0の作りのフィルムは私も愛用していますが、個人的にはかなり気に入ってます。
若干画面は荒いというか、せっかくの美しさが少し失われますが、貼ったフィルムに気泡がない状態というのは見ていてかなり気持ちがいいです。


いろいろフィルムを試してみたけども納得いくものに出会えないという人には、ぜひ試してほしい一品です。

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。