欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来の人類はどうなってるんだろうか。という本。



新品では2957円となっていますが、もうおそらく中古でしか存在しなく、既に価格も上昇しておりアマゾンでは中古品でも6500円ぐらいになっています。

かなり趣味の本ですが、こういった類の本は好きな人にはかなり好き。。。だと思うのでw



著者の予想により、この先人類がどのような進化?(完全に退化しているようにも見えますがw)を遂げていくのかを掲載した本。
載っている画像はかなり衝撃的で、映画に出てくるようなくりーちゃー的な見た目になっています。

今を生きる私たちがその状態を知る術はありませんが、この先、何十年、何百年先の子孫たちは、結果を見ることになるんでしょうね。

進化論(今は結構怪しいらしいですが)でいけば、猿から人に進化した人類
猿から人。。。ということで、系統的にも見た目的にも似通っている部分が多々あり、説明されれば納得します。
が、この本に載っているのは、完全に別の生命体になっていますw



以下、一部本に掲載されている画像。
(インターネットより取得したもので、問題がある場合は即刻削除致します)

32406cd8.jpg
宇宙へ旅立つ人類
これでもこの本が発売されてから200年後を想定されているよう。
見た目的には完全な現人類
宇宙で生活するため「肉体的に完璧な人間」を選抜しているということ。
ただし、それは将来人を進化させるための「材料」という位置づけ。

f.jpg
宇宙に移住することが叶わなかった地球に残った人類が生き残るためにとった選択肢の一つ。
草食であるため、手足が強靭になっている。
これでも、見た目はかなりマシなほう。

utyuuninngenn.gif
宇宙人間。
宇宙に行った人間たちが「空気のない状態で生きられる」ように改良されたもの。
既に人類とは言えない。
これでもレディーらしい。

th_20130310000521.jpg
地球のほとんどを占める水中で生きることを選んだ人類。
水中に特化するためヒレなどがついている。
半漁人とかマーマンとかに酷似。
まあ、水の多い地球で生活していくには「妥当」とも思える選択ですね。



他にもかなり衝撃的なものがあるんですが、見ていると気持ち悪くなので個人的になしw
遺伝子を改造して。。。という文言がほとんどであるため、純粋に進化、適当というわけではない。
正直なところ、ここまでして生き残る、対応することが必要なのだろうか?と疑問になります。


地球外からやってきたとされるUFO。
ある一説では、タイムマシン的なもので未来からやってきた「地球人」というものも。
頭が大きく手足が退化し、生殖機能を持っているようには思えない「グレイ」の画像。
進歩しすぎた科学によって退化した人類が未来からやってきた・・・と考えても、不思議ではないですねw


実際に、ここ数十年では一般人の基礎体力は低下していますし、それに反比例して基礎的な「頭の良さ」みたいのは上がっていると思う。
医療の進歩によって寿命も延び、iPS細胞という万能細胞までもが発見されている。


どうなるんだろうか・・・


スポンサーサイト

ジョン=タイター・・・・とは?

皆さんは、ジョン=タイターという人物を知っているでしょうか?

真偽の疑いはあるにしても、以下のような状況でこの世に存在していました。


1、1998年のアメリカで生まれている。
2、ジョン=タイターという子供、そしてその親は実在すると言われている。
3、ジョン=タイターがもたらしたという資料は現存し、誰でも閲覧できる。
4、彼は2036年の未来からタイムトラベルしてきた人物であるということ。
5、最初の登場から僅か4か月後「任務が完了した」として姿を消しているということ。



嘘か本当かはわかりませんが、このジョン=タイターを名乗る人物は1998年にタイムトラベルし、そこから2年間過去の家族と共に過ごし、2000年自分が未来から来たタイムトラベラーであると掲示板に書き込み、予言とも思える事柄を残しながら、わずか4か月で去って行った。

どこまでが本当か嘘かはわかりませんが、掲示板に書き込みがあったという事実とジョン=タイターが残していったとされる資料は現代の母親に託され、そして弁護士の手に渡され、世に公開されたものはすべて閲覧可能になっているという事実。

これらの出来事はオカルトファン、SFファンを刺激し、13年経過した今でも活発な議論がされています。


数多くの予言、彼にとってみれば教科書で見るような過去の出来事ではあるのだが、それらをいくつか残していっている。
が、この残していった予言(言葉を選ぶのが面倒なので、予言とさせて頂く)の多くは無難なものばかりであり、そして大胆な予言のほとんどは外れている。


的中させたものとしては、ペルーで起きた大地震、イラク戦争(核保有を発端として戦端が開かれたものも、核が見つからなかったということも的中させている)などがある。
そして、ジョン=タイター本人であるかは不明だが、未曽有の大災害が2011年に起こるという話も残し、具体的なものは明かせないがアドバイスとして「山に登れ」という言葉を残しているともされている。
これが事実であれば、東北で発生した大地震を予知しているのだろうか?


と、馬鹿にばかりすることも出来ないことも起こっているため、未だジョン=タイターという人物は人々の心を捉えて離さないのだ。


ではでは、なぜジョン=タイターはタイムトラベルしてきたのか?

ということなんですが、その理由は皆さんもちょっとは知っている事柄。




2000年問題、というやつです。



2000年に年代が切り替わったとき、現存するコンピュータに不具合が起き、世界中が混乱してしまうというもの。
その混乱がきっかけでジョン=タイターが住む未来では、様々なトラブルが発生。
それが引き金となり、世界大戦が勃発してしまうということで、それを防ぐために未来からやってきたらしい。

かなりSFちっくな話ですが、本当ならジョン=タイターのおかげで2013年現在戦争が起きていないw ということになりますね。


ありがとう。 ジョン=タイターw


が、このジョン=タイター来訪自体が全く意味のなかったことであったかもしれないことが、タイター自身の口から言われています。


タイターが未来から過去にやってきたとき、タイターの居た世界から ±2%ほど世界がずれてしまっていたようなのです。
この 2%世界がずれたというのはどういうことか?


例えばになってしまいますが、元々タイターが居た世界が 「 A 」とします。
そして現在私たちがいる世界は タイターから見ると 「 A ±2% 」の世界となります。
つまり、限りなく A という世界に近いものの、 A ではない世界となります。


たかだが2%なのですが、世界にとって2%というのはかなり大きかったようです。

2000年の世界を見たタイターは、自身が過去として知っているものとは大きく異なっていたことを認めています。

ということは、タイターがやってきたこの世界は、そもそもタイターの知る世界ではないため、この世界を救済したところでタイターのいる世界には影響がないのかも・・・。
ってことにも・・・。
頑張れ!!
タイター!!


じゃあ、違う世界なのに予言が的中したものがあるのはなぜ?


これはA±2%の世界が、限りなくAに近いというところにあると思います。
A、という世界そのものではなかったとしても、基本的にはAという世界とほぼ同じであり、細部が異なることによって、結果によっては大きな違いを生む世界であるからです。
つまり、変わってしまった 2% が関与しない部分は A という世界と同じであり、2%が作用したことによって外れてしまった予言があるということですね。



結果、ジョン=タイターは何しに来たのか?
 ジョン=タイターがやってきた、この限りなくAに近い世界は、限りなく近いもののタイターの住む世界ではないため、結果、無駄足に終わる可能性も高いのでは?としか言いようがありません。
そして何より、タイター自身が自らがやってきた A という世界に帰れる可能性は限りなく 0 に近い確率しかありません。
というのも、タイターが生きていた2036年という世界。
タイムマシンの技術は確立していましたが、世界の軸がずれることなく、100%の精度で同一の世界の過去に行ける技術はなく、どうしても限りなく 0% のずれに近い世界にしか行くことが出来ていないそうです。

つまり、タイター自身は自らが行った未来救済の結果を知ることがほぼ出来ないということを知っていながらも過去に飛び、さらに飛んだ先の世界で過去を修正したとしても、自分が住んでいた世界に良い結果を及ぼしている保障もないということを承知でやってきたことになります。

日本の精神で言えば、いわば特攻隊。
ということですね。

最後の書き込みの後、2036年に戻ったのであろうタイター。
運よく A という世界に戻れていれば良いものの、おそらく彼が帰っているのは限りなく A に近い世界であり、そして、その限りなくAに近い世界には、既に別の「ジョン=タイター」が存在する。
帰った世界で彼はジョン=タイターですら無くなってしまう。
なんて悲しいことでしょう。


こんな感じで考えていけばキリがなく、際限なく面白い話題ですが、このジョン=タイターをモチーフにしたアニメがあの有名なシュタインズゲート。



萌えアニメ的なイメージを持たれますが(確かにセリフ回しやキャラの設定はそうです・・・w)、物語が後半に進んでいくとどんどんシリアスになり、話にのめりこむこと間違いありません。

このアニメでのジョン=タイターは女性であり、タイムマシンの精度も格段に上がって、狙った世界に帰れるようです。

ぜひ、興味の持たれた方はジョン=タイターについていろいろ調べてみてください。
私自身も触りしか知りませんw
というか、どれだけ深く知ったとしても真実は闇の中。
パラレルワールドを証明することも出来ず、タイムマシンが実在するのかもわからない。
皆さんの想像の数だけ真実があるということでしょうか?


体に悪そう。でもうまいんだよw 「レイズ」




アメリカ製のお菓子レイズ」。
ポテトチップスは国産でもおいしいのがたくさんありますが、やっぱりこれが一番好き。
結構濃い味で好みがわかれますが、好きな人はほんとはまるw

私もはまっており、カルビーとかのより断然好きかも。
コイケヤかレイズばっかりしか食べません。

このレイズ
私の住んでいるところが田舎なので普通に売ってないw

札幌とかに行ったときなどは買いますが、あとは食べたくなりそうな時期にネットで注文ですね。

このショップは個数20個まで一件分とカウントしてくれるので、送料が一個分で済みます。

私のおすすめはこのサワークリーム&オニオンですが



こちらのベーシックな方もおいしいです。
こちらは塩味。。。というよりも、イモの味のほうが強いですかね。


家でDVD見ながら食うとうまいですね・・・。




ああああああああ。
デブまっしぐらああああ。

不公平な世の中

当たり前のことですが、世の中ってのは不公平に出来ています。

機会など平等に与えられるようには出来ていません。


例えば生まれの違い。
努力せずしてお金持ちスタートの人間と本人の努力なくしてお金持ちにはなれない人。
資本主義の世の中ですから、「お金を稼ぐ」ということは生きることに直結しますので、このスタートの違いは大きいですよね。
仮にスタートの違う二人ともが4年生大学を出るとして、生まれてから22年間もの間、差が広がり続けるわけです。

教育、教養というのはお金がかかりますし、そこでも差がつきます。

ボンボンは努力しない。
というイメージがありますが、そういうわけではないんでしょう。

過度な努力が必要ない、というだけであって与えられたレールの上を走る努力はするわけです。
一般家庭の人間がそのレールの上、近しいところにたどり着くためには、非常な努力が必要で。
レールに乗る努力をしている間に生まれの違う人間はレールの先に進んでいくための努力をしています。

この差は埋めがたい。

これは別段、私の妄想ではありません。


例えば、日本最高学府である「東京大学」。


この大学に入る学生の親。
そのほとんどが年収1000万円を超える家庭です。
お金があるだけで大学に入れるわけではありませんが、お金をかけた結果「より大学に入れる可能性があがる」というのは圧倒的な現実として目の前に存在します。

大学の違いというのは、卒業後の就職にも影響しますし、就職先の違いは収入の違いにもなります。




・・・



この不公平を乗り越えるためには、馬鹿と思われるほど努力をしなければいけません。
何もしないでお金が降ってくるわけはありません。
私はこの「不公平」というものに気づくのにはちょっと遅かった。
学生のうちに「不公平」というものに気づいていれば、今という結果はもっと違うものになっていたでしょう。
別段、今の生活が不幸に思っているわけではありません。
自分には過ぎた嫁をもらい、幸せ、と言っても全く問題ありません。

ただ、自分の子供にはちゃんと教えてやりたい。

学校で言っているような

若者の前には希望が広がっているという言葉。

そんな無責任なものは存在しないのだと。



何者にでもなれる可能性はあることでしょう。

でも、それは何者かになりたい。
という本人の希望がない限りなれません。

漠然と過ごし、漫然と進んでいけば、行きつく先は自らが思い描いていた華々しい未来とは遠くかけ離れたものになります。

そのことに

経験を積んでいない子供たちは気づかない。
というか
気付けるはずがない。


危機感ではありませんが、そういう大事なことこそ「親」がきちんと教えなくてはならないのだと思います。



変な愚痴でしたw

うちで使っている食器用洗剤「ivory」



↑のが、今うちで使っている食器用洗剤「Ivory」。
海外の製品(アメリカ)のため、日本国内では売ってるとこにしか売ってない。
大きさはでっかく、今はやりの「キュキュっと」みたいのと比べると2倍はある。
洗浄力も高く、油汚れなどは結構簡単に落ちます。

洗剤は下水に流すと微生物などが分解してくれるようで地球にも優しい。

ちなみに人の手にも優しい。

匂いについては好みが少しわかれるような「ちょっと甘い香り」。
ですが、洗ったあとにその匂いが気になって・・・ということはないので問題ないかも。

容器も白でおしゃれで、違和感なし。

ドラッグストアとかに売ってる洗剤と比べると「ちょっとお高め」ですが、一度使うと日本のが少し物足りない感じになります。
あまり泡立たない製品を使って、何度も洗剤を使うよりも、わずかな量の洗剤でたくさん洗えるIvoryのほうが経済的かも?

とりあえず1個買ってみて試してみてください。
おすすめですw

個人的おすすめカード「楽天カード」

ネット通販の大手「Amazon」や楽天がすさまじいほどの利益を上げています。
ネット通販の市場規模は既に8兆円になっているようで、今後もどんどん増えていくそうです。

インターネット、スマホと誰でもネット通販が利用できる今。
家にいながら、すべての買い物が出来ると言っても過言ではありません。

そんなネット上での買い物に便利なのがクレジットカード。
もちろん代引きや銀行振り込みなども可能ですが、代引きであれば手数料を取られ、振込であっても手数料を取られます。
クレジットカードなら手数料は取られず、さらに銀行振り込みのように家を出る必要もなく、代引きのようにお金を別途用意して手元に置いておく必要もありません。


私はこれまで「クレジットカード」で買い物をすることがちょっと怖いと思っていました。
もちろん借金的な意味ではなく、単なるイメージですねw


ただ、一度使ってみるとその便利さに「今まで何で使わなかったんだろう・・・w」と笑ってしまうほど。
クレジットカードは後払いのようなものなので、買いすぎには注意し財布と相談しながら買い物してくださいね。


そして、私が今使っているカードがこれ。


楽天カードですね。
今まさにテレビCMなどやっていますが、条件がかなり良いものになっています。


1、年会費が無料
 まあ、これは多くのカードがそうなっているので大きなメリットでもありません。 年会費がかかるところでも年間一度でも買い物すれば無料になりますというところもあります。

2、ポイントが楽天市場で使用可能。
 多くのクレジットカードでも利用するとポイントがつきます。 JALとかならマイル。 ガソリンのカードならポイントというより値引きとかですかね。 
ただ、クレジットカードのほとんどがポイントの使途が限定されています。
その点、楽天カードであれば、ポイントが楽天ポイントとなるので楽天市場内で自由に使うことが出来ます
個人的にかなりお気に入りな点です。

3、JCBも選べる。
 なかなかメリットに感じているのがこれ。
カード作成時に選ぶことが出来る VISAやマスター。
ほとんどのクレジットカードがどちらかなのですが、楽天カードはJCBも選ぶことが出来ます。
たまにではありますが、決済のタイミングの関係でJCBのほうが有利なことが結構ありました。
もし既にVISAのカードを持っているのであれば、JCBでもう一枚持つのも手だと思います。

4、ポイントの還元率が高い。
ほとんどのクレジットカードが1%未満。
楽天カードは1%のポイントがつくので、100円使えば1ポイント。
1000円なら10ポイント。 10000円なら100ポイントになります。
これが結構でかいんですね。
私はカードで貯まったポイントで5kgの米を買いました・・・w

5、今ならキャンペーン中。

今ならお得なキャンペーン中で、条件満たせば最大6000ポイントが貰えます。
6000ポイント貯めるには60万円分買い物しないとならないポイントですw



ぜひ、クレジットカードを考えている人は楽天カード検討してみてください。

生まれて初めて「コストコ」に行ってきた。

ということで、先日生まれて初めて札幌にあるコストコに行ってきました。
寒い寒い・・・。

コストコは基本的に倉庫兼用で運用している店舗ということで、一般的な大型店と比べて空調の設定が低めのようです。
夏場に行くなら問題なさそうですが、冬にコストコへ行く人は厚着をしたほうがいいかも。


コストコですが会員制で年会費4000円を支払うことにより入場することが出来ます。


日本のものの2倍以上はある大型のショッピングカートを押しながら、いざ入場!


圧倒的な品数に驚くばかりですw


入ってすぐメインになっていたのが家電製品。
ただ、以前ほどテレビの力はないようで1区画も占めていませんでした。
売られている薄型液晶の半分ほどは海外製。
意外なことにテレビと並んでPCモニターも売られてました。
知らない人いたら間違って買っちゃうんじゃないだろうか・・・。


コストコの中にはこういった家電はもちろんのこと、食料品も大量に売ってます。
ただ売られているものの量が「アメリカンサイズ」なので、そのほとんどが大量w
一家庭で購入して使い切る・・・と考えるにはなかなか厳しいサイズです。

なので、結構多くの人が買い物にきた人達で分け合うことを前提に購入しているそうな。


そして何より驚いたのがコストコの中で車のタイヤが直接買えること。
買ったタイヤはコストコの店舗で装着することも出来、サービスもなかなか良いようです。
うろ覚えですが、
窒素ガス充填無料
タイヤ組み換え無料
バランス調整無料
空気圧調整無料



などなど結構特典が書いてありました。
かなりお得っすね。


ということで、今後もコストコにはいきたいなーって思ってますが、なにせ住んでいるところからコストコに行こうと思うと4時間程度はかかってしまいます。
年間通してせいぜい行っても2回程度・・・。

その2回のために年会費払うのもばからしいので、ためらっている現在でした。

転職活動がままならない・・・




ままならないものだな。
転職活動というものは・・・。


ということで、今年30歳。
昨年結婚をし暖かい家庭を持ったものの、年収は妻に負けているという情けない夫である。
これまでもずっと転職しようと思っていたのだが、結婚を機に「養う」という大目標が出来たため、より一層思いが強くなり本格的に活動を始める。


が、まったくうまくいく気配がない。


もちろん、昨今の不況というのも理由として当然あるのだが、転職成功している人は大勢いるわけで「不況」ばかりを理由にしても前には進まない。

気を取り直して、と思ってみても、私には最大級の足かせがあるのだ。


それは「勤務地」。


北海道に住んでいる私にとって、今現在でも比較的転職・就職活動がしやすい場所と言えば、札幌などの都市圏や勢いのある「苫小牧」である。
しかし、居住地は「釧路」。

じゃあ、引っ越しすればいいじゃない。
と思うかもしれないが、家庭・家族の事情があり、「釧路」を離れるということが非常に難しいのだ。

なので、「勤務地」は釧路に限定されてしまう。
支店や営業所に釧路があるところをチョイスし、その中でよさそうな求人を見つける。
(ハローワークへの求人は良いうわさが無いので現時点除外している)
応募の際、「初任地」を釧路にして頂けないでしょうか?
的な言葉を添えて送ると、答えは全てNOだ。

もちろん、私自身に魅力がないというのは当然あるのだろうが、あくまで釧路は転勤先であって、初任地になることはほとんどないらしい。

そりゃあまあ当然だろう・・・。
釧路という町はかなり不景気なのだから・・・。


ということで、今現在の私に残された最も現実的な道は


有効な資格を取る。


ということに絞られているかと思われます。



ということで、勉強中なのが散々出てきている「電験3種」ですね。
30歳の頭には難しすぎる・・・w


まあ、頑張ってやっていってみます!!
何か有用な情報などありましたら、教えて頂けるとありがたいです!

電験三種 難しい・・・




今後の安定した生活を獲得するため、良資格である「電験三種」を取得しようと勉強中。
ではありますが、頭が文系であるためか異常なほどに難しい。
というか理解が進まない・・・。


今やっているテキストは上のものなんですが、完全初心者用ではないっていうのが大きいのかも。


本当に初心者のときにはテキストを読んでいても「初心者すぎる」ので、こんなものなのか。。。と適当に読み進めていけますが、初心者に毛が生えたようになってくると、このテキストが初心者向きでないのがよくわかってきます。


なぜか、というと。


多くの説明ではしょられている部分がかなりあります。
明らかに一通り初心者用の勉強を終えた人向けに作っている内容です。

通常のテキストの作りと同じで項目ごとに説明が載っており、復習のため問が一つか二つ載っている。
という感じ。
その問いに出てくる問題が突然「応用編」になっているため、まるでわけがわからない。
基本の基本、基礎を固めなければ応用など出来るわけもないのに、なぜいきなり応用編なのか・・・。


個人的には一度このテキストは封印して、完全に初心者用のものを買い直そうと思っています。
このテキストが役立つのは過去問をやっていてわからない部分を調べるときに使うってことになりそうです。

ハイホームがすごいw




なんかマツコのテレビでやってて紹介していたハイホームという洗剤がすごいw
中身は基本的に体に無害なものばかりを使っていて、絶対安心とは言い切れないものの誰が使っても安心らしい。

そして油汚れの落ちがすさまじく、テレビで実演していたのだがあっという間。

価格は洗剤として見ればちょっと高めなのだが、万能クリーナーとして見るなら安い。
一家に一つはあっても便利かもしれない。

風呂場の白くなってしまった鏡やカルキがついたケトルなどなど。


これ一つで結構使えるようだ。



私も早速一つ買ってみたw

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。