FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


MA-05 ビグロ



宇宙用MAとして初めて実用化されたビグロ
核熱ロケットエンジンを2基も装備しているため、かなりの推進力がありGに耐性があるパイロットでなければ扱うことが出来ないほど。
また見た目の通りにある「2本の爪」はMSを捕獲できるほど大きく、ボールを掴んでぶん投げた実績もある。

【機体詳細】
登場作品:機動戦士ガンダム
型式:MA-05
全長:45.5m
重量:229.8トン(全装備時)
備考:
試作機で終わってしまったザクレロとは違い、初の実用化となったビグロ
強力な推進力を活かし、一撃離脱での戦闘方法が主流でそのさいには前述にもある通り、強力な爪が相手の脅威となる。
遠距離攻撃でも8基のミサイル、メガ粒子砲と揃っており火力について不安もない。
作中ではアムロを後一歩まで追い込む活躍を見せ、運が悪くなければ「白い悪魔」を葬っていた可能性が高い。
この機体形状は後のMA「ヴァル・ヴァロ」にも受け継がれている。
スポンサーサイト



MA-04X ザクレロ



出てくる作品を間違えたようなMAのザクレロ
拡散メガ粒子砲を装備し、推進力も強力であり攻撃力には申し分ないのだが、あまりに奇抜な形(設計)のため、機体自体の運動性能向上を望むことが出来ず、試作機が作られただけで後の量産には至らなかった。

【機体詳細】
登場作品:機動戦士ガンダム
型式:MA-04X
全長:
重量:
備考:
前述したとおり試作機のみの製造で終わっているザクレロ
作中での登場回数も少なく、若干善戦するもアムロによってあっけなく撃破されている。
そんな彼なのにも関わらず、「ザクレロ」の存在を知っている人は多い。
あまりに独特のフォルムと潔いほどの武装。
退くことは知らぬとばかりの設計に感動を禁じ得ない。

と、まあ、結局のところ不遇なMAである。


MAX-03 アッザム



作中ではたった2機しか作られなかった貴重なMA(モビルアーマー)。
MAということでMSよりもかなり大きい。
アッザムが作られたことにより、MAという考え方が急速に広まり、後に繋がっていった。

【機体詳細】
作品:機動戦士ガンダム
型式:MAX-03
全長:25.2m
重量:1420トン(全装備時)
備考:
もともとは移動用の砲台という思想で作られたアッザム
もちろん運用方法も「ほぼ」そのとおり。
上下左右、全方位での攻撃が可能のため基本「死角」というものは存在しない。
最大の特徴として「アッザムリーダー」という兵器が搭載されており、MS等の電子機器に影響を与えることが出来る。
連邦の最新兵器である「ガンダム」にも一定の効果が認められた。
この「リーダー」は後のMAにも搭載されることになる。

« »

01 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login