FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


MAN-03 ブラウ・ブロ



ニュータイプ用MAの第一号機。
独特の形状でMAというよりは戦艦のような形をしている。
ニュータイプ用ということで思念を利用したオールレンジ攻撃が可能となっている。

【機体詳細】
登場作品:機動戦士ガンダム
型式:MAN-03
全長:62.4m
重量:2602トン(全装備時)
備考:
ジオンは早くから「ニュータイプ」という新たな力に着目しており、開発を進めていたニュータイプ専用機の第一号となる。
かなり大型で通常のMSの3倍ほどの大きさを持つ。
思念により自在に動く有線式のメガ粒子砲台を持ち、攻撃範囲に死角はない。
ニュータイプの操縦であれば1名で可能だが、オールドタイプでも2名~3名が乗り込めば操縦は可能な作りになっている。
メガ粒子砲の威力は強力でガンダムのシールドを一撃で破壊し、ガンキャノンの足を粉砕した。
このブラウ・ブロの技術が後のニュータイプ専用機に脈々と受け継がれていくことになる。

スポンサーサイト



MAM-07 グラブロ



完全に見た目がカニとかザリガニのような水中用MA「グラブロ」。
抵抗を無くすために流線型のボディーをしていますね~。


【機体詳細】
登場作品:機動戦士ガンダム
型式:MAM-07
全長:26.1m
重量:739.7トン(全装備時)
備考:
ジオン軍で一番最初に完成、実践投入されたMA。
水中用であり、その航行能力は無補給で地球を一周できるほどである。
対空武器も装備しており、空中からの敵襲にも対応可能。
両腕は攻撃も可能で、連邦軍の軍艦を一撃で葬った実績もある。
量産化に至ることはなかったが、一機はマッドアングラー隊に配属されている。

MA-08 ビグ・ザム



一年戦争時、ジオンのMAと言えば、やはりこの「ビグ・ザム」。
圧倒的な存在感と大きさ、独特のフォルム。
足だけなんか怪物チックというアンバランスさ。
ジオンを体現した?感じですね。

【機体詳細】
登場作品:機動戦士ガンダム
型式:MA-08
全長:59.6m
重量:1936トン(全装備時)
備考:
ジャブロー攻略用として開発されたMAであるため、コンセプトは「圧倒的な攻撃力と防御力」とされたビグザム
全長6mにも及ぶ超大型ながらも乗員はわずか3名で運用可能。
オートパイロットなどを併用すれば1名でも可能となる。
長距離からのビーム兵器にはIフィールドが搭載されているため無効。
近距離からの攻撃には対抗策を持たないが、必要十分以上の装甲を誇るため、作中ではボールの実弾攻撃(ガンキャノンの砲撃に匹敵)の集中砲火を浴びてもビクともしていなかった。
弱点としては、そのあまりの巨体さ故に連続稼動時間が20分と短いこと。
エネルギーが足りないというのではなく、膨大な熱量を放出するため冷却のため20分置きの休止状態が必要という理由からである。
本来であれば、若干の小型化などをはかり量産される予定であったが、試作のビグザムが作成された後にジオンが間もなく敗北してしまったため、夢となった。
メインパイロットはザビ家の「ドズル・ザビ」




« »

01 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login