FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


見る者の心をあまりにもうつ「一命」


一命 スタンダード・エディション [DVD]



あまりにも見ていて胸が苦しくなる映画でした。
外国人には決して理解できないかと思います。


【あらすじ】
戦国の世は終わり、平和が訪れたかのようにみえた江戸時代初頭、徳川の治世。その下では大名の御家取り潰しが相次ぎ、仕事も家もなくし生活に困った浪人たちの間で“狂言切腹”が流行していた。それは裕福な大名屋敷に押し掛け、庭先で切腹させてほしいと願い出ると、面倒を避けたい屋敷側から職や金銭がもらえるという都合のいいゆすりだった。そんなある日、名門・井伊家の門前に一人の侍が、切腹を願い出た。名は津雲半四郎(市川海老蔵)。家老・斎藤勘解由(役所広司)は、数ヶ月前にも同じように訪ねてきた若浪人・千々岩求女(瑛太)の、狂言切腹の顛末を語り始める。武士の命である刀を売り、竹光に変え、恥も外聞もなく切腹を願い出た若浪人の無様な最期を……。そして半四郎は、驚くべき真実を語り出すのだった……。


------


正直、見ていてあまりにも辛い映画でした。
貧しいながらも幸せに暮らしていた夫婦に病がおそい、追い詰められ、次々と降りかかってくる不幸。
潔白に清廉に生きてきた者たちを襲う理不尽な不幸。

どんなことがあろうとも家族を助けようとする父親。
病に冒された自分の体を呪い、嘆く妻。
その二人を見ながらも自らの無力に、祈り、待つことしか出来ない祖父。

わかりやすい悪役などおらず、誰もが自分の役柄を演じていた映画なので、辛い結末に怒りをぶつける相手がいないもどかしさ。

これぞ、邦画 時代劇映画の真骨頂を見るような、本当に「日本人の映画らしい映画」だと思いました。

最後にちょっとした贔屓目なのかもしれませんが、役所広司が出ている映画ってほとんどハズレがないように思います。
名優が出る映画はやっぱり面白い映画になるんでしょうかね。


一命、個人的にタイムリーなのか、かなりおすすめです。


-
スポンサーサイト




Comments


« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login