FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


正しいキーボードの選び方。

個人的な趣味や見解が多分に含まれた選び方ですw
こだわりがある人は、自分の気持ちに従って買い物をしたほうが気持ちがいいですし、買ってみなければわからないってこともたくさんあります。
ですので、キーボード選びに迷っている人が参考にしてもらえればいいな~程度になってます。
異論はかなり認めますので、何いってんの・・・って部分があったら、ガンガン指摘してください。



キーボードを選ぶ前に】
まず、キーボードを選ぶ前に認識しておきたい点。
それは、「日本人の手は小さい」ということ。
なので、あまり無駄にスペースがとられていて、キーが離れているようなものは日本人の手に馴染みにくいと思います。
マウスでもそうなんですが、「ちょっと小さいかな?」程度に思うぐらいの製品のほうがしっくり来ることが多いですね。


【全体的に体が硬い人には、メンブレンは厳しい】
指の動きが硬すぎて、ずっとキーボードを打ってると腱鞘炎になるんじゃないか!!ってほど、手の甲とかが痛くなる人いませんか?
私がそうです。
そうなので、一番初めに書きましたw

一般的によくデスクトップで見るキーボードは「メンブレン」という方式です。
安価であるというのが一番の特徴。
キーストローク(キーを押しこむときの可動範囲)が深く、「押している」という気持ちにさせてくれます。
確実なキータッチが可能なので、メンブレンタイプのキーボードはFPSゲームをやっている人に支持されることが多いそうな。
ただ、可動域が大きい分=動作が大きいということなので、疲れやすいというのがデメリット。

疲れやすくてもいい、とりあえず安ければいいや~っていう人は「メンブレン方式」のキーボード一択です。
安かったらたまにワンコインで買えますしねw


【ノートPCに慣れた人はパンタグラフ】
ノートPCに多く採用されているタイプ。
今はもうデスクトップPCでも採用されているのが多くなってますね。

特徴としては、キーストロークが浅く疲れにくい。 押すための力が弱くても良いので比較的「カチャカチャ」という音がなく静か。
ただ、簡単に押せるようになっているのでミスタッチが多くなるかも。

確実なキー操作が必要なFPSでは慣れるまで大変かもしれない。

一様に慣れという部分が大きいと思いますが、個人的にはパンタグラフに慣れておけば、どんな場面でも扱いに戸惑うっていうことはなくなるんじゃないかなと思います。

↓パンタグラフ式おすすめキーボード

LOGICOOL イルミネートキーボード ソフトパームレスト採用 CZ-900



【激しいゲームをやる人ならメンブレン】
FPSなどのオンラインゲームをキーボードでやる人にとって、耐久性や正確な操作性は必要事項。
そういったことを重視するなら、やはりメンブレンが良いでしょう。

メンブレンは構造が単純な分、パンタグラフより強固で長期間の使用に耐えられます(当然個人差がありますがw)

私もゲームなどのFPSをやるときはメンブレンタイプのキーボードを使っています。
ただ慣れているっていうだけかもしれませんが、パンタグラフよりは成績がいいですね~。

↓メンブレン式おすすめキーボード

Microsoft® SideWinder® X4 Keyboard モンスターハンター フロンティア オンライン スペシャル エディション JQD-00019



【有線、無線どちらがいいのか?】
キーボードは激しくキーをたたくことはあっても、キーボード自体が激しく揺さぶられることはありません。
そういったことを考えれば、有線一択で問題ないと思います。
ただ、自宅以外でも使い慣れたキーボードを使いたい、見た目すっきりしてかっこいいほうが良いっていう人であれば、場所を選ばずに使うことが出来て、配線が見えることのない無線のほうがいいかもしれませんね。

私自身は自宅オンリーで使い、電池交換の煩わしさが嫌なこと、安定した動作が欲しいという点から有線のキーボードのみ使っています。



【結局なにがおすすめなのか?】
個人的におすすめしたいのはやはり「パンタグラフ式」のキーボード。

私は夜中にPCを使うことも多いため、出来る限り「騒音」の元になるものは排除したい。
メンブレンタイプのキーボードのカチャカチャ音は、使ってる本人はどうであっても、静かに寝ている人にとっては騒音以外の何者でもありません。

今後社会人になってPCを使う機会が増えるのであれば、デスクトップよりはノートに触れる機会のほうが多いかと思いますし、そうなればメインで使うのはパンタグラフタイプです。

会社でノート、自宅でデスクトップを使っている私にとっては、同じような操作環境を作るっていうのが結構大事だったので、そういう意味からもパンタグラフを使っています。

あまりこだわりが無い人にとっては何を。。。と思うかもしれませんが、日々触れる入力装置が自分にあったものに変わると、かなり快適に過ごすことが出来ると断言できます。

そんなわけで、今キーボードを探している人!!

ぜひ一度パンタグラフ式のキーボードを使ってみてくださいw


-

スポンサーサイト




Comments


« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login