FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


「絆」とはいったいなんだったのか。

被災がれきを積んだトラックが、試験焼却のため北九州市に入った。

その道のりの途中。

がれき受けいれの反対派が道路を封鎖。

警官隊が出動することとなり、住人と激しいやり取りをしている。


マスゴミが散々煽っていた「絆」とは一体なんだったのか?
 
個人的な考えとしては


「被災地のがれきは、被災地の中で処理」するのが得策だと考えています。


被災地のがれきに多量か微量かは問わず、放射能に汚染されていることは間違いありません。
がれきを受け入れることにより、風評被害も広がります。
言い方は悪くなってしまいますが、東北地域だけであった風評被害が全国に拡散することなるのです。
これは日本の国益を考えても得策ではありません。


また別の見方をすると
原発マネーによって潤っていた地域でこそ、汚染されたがれきの処理を進めるべきなのだと思います。
原発マネーが入らないでいた地域でも、「なすすべなく放射能に汚染されている地域」はたくさんあるでしょう。
やっぱり、納得いきませんよね?


やはり、経費はかかるのだと思いますが、ここは技術立国日本の底力を見せるためにも
原発に代わる代替エネルギー施設の推進をすべきなんじゃないかなと思います。

スポンサーサイト



テーマ : このままで、いいのか日本    ジャンル : 政治・経済

Comments


Trackbacks

被災がれきを積んだトラックが、試験焼却のため北九州市に入った。その道のりの途中。がれき受けいれの反対派が道路を封鎖。警官隊が出動することとなり、住人と激しいやり取りをし...

« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login