FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


「STEINS;GATE」β世界線のその後が描かれた外伝小説を8月31日に発売




【あらすじ】

2010年10月。世界線β。これは過去で紅莉栖を刺殺してしまい、絶望したまま戻ってきた倫太郎を、まゆりがかばってしまった後の物語。倫太郎は絶望のうちにシュタインズゲート世界線への到達を諦め、タイムマシンへの情熱を封じてしまった。すべてを封印するためにラボへも足を運ばず、大学生活を送っていた。
 唯一、ラボの中でまゆりと鈴羽が過去へ戻ることを説得を試みるが倫太郎は完全に拒絶。鈴羽とは険悪な状況になっており、まゆりもどうしていいのかわからない状態になりつつあった。
 そんなある時、ラボに一人の女性が訪れた。その女性の名前は比屋定真帆(ひやじゅうまほ)。紅莉栖の大学の先輩で同じ脳科学を専攻していたという。真帆は紅莉栖の母より遺品として一つのノートパソコンを持ってきており、このPCのパスワードを解く鍵が日本にあると思い訪ねてきたそうだ。
 そのノートPCがロシア・アメリカ・SERNを巻き込む事態になるとは…

 これは書かれることのなかった物語───



みたいですね。
アニメ版は全部見たんですが、最後はクリスもまゆりも助かってよかったですねえ~。
って感じで終わってるんですけど、やっぱ疑問に思いますよね。
岡部の意識は様々な世界線に行くことはあっても、各世界線には岡部もクリスも他の仲間も存在し続けるわけです。
岡部が他の世界線に意識を飛ばした後と前では、分かれ道になるものの、途切れることなく「続いていく」様々な世界線。

この題材。
終わりってないですよねw


【仕様】
発売日:
2012年8月31日(金)発売予定
※コミックマーケット82にて小説本体のみ先行販売
価格:3,800円(税抜)/3,990円(税込)

形態:
B6縦小説(本文328ページ予定)
ドラマCD(通常CDジュエルケース、4Pブックレット、2色レーベル)
特製キャラメルボックス


備考:
○特製オリジナルドラマCD付属
各巻オリジナルシナリオのドラマを収録。
約30分超のドラマCDが同封されます。
スポンサーサイト




テーマ : ゲーム    ジャンル : ゲーム

Comments


« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login