FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


集団的自衛権の行使・・・?国防軍?

今朝のとくだねで、社民党の福島みずぽ と 自民党の小池百合子 が出演して討論をしていた。

原発の問題やら少子化、子育てなどの問題をいろいろ議論していたけど、やはりメインはこれだろう。


自民党が掲げている「国防軍」。


ようは、自衛隊の名称を「国防軍」と変更し、集団的自衛権を行使できるように法改正すること。
この集団的自衛権というのは、自分たちの仲間がやられそうなっても、やりますよ!
と宣言するようなものです。

今の法だと「自分たちにやられたら、やります!」ということだったので、仮に今同盟国であるアメリカがやられても、「ごめんね、何も出来ないの・・・」「だけど、私たちを守って!!」という間柄です。

今回の法改正では、当然自分たちがやられればやりますが、同盟国である国が攻撃を受けるような場合には、一緒に戦います!!っていう感じになります。


これを問題だと言っているのが、社民党のみずぽ。


このような法改正をしてしまうと、いろいろなところで紛争を繰り返しているアメリカとともに戦争を続けることになってしまう!!
と、言い続けていました。
対案も出さずに。

当然それは極端な話であってもあり得ることですが、個人的にこの法改正は必須だと思ってます。


なぜか、というと。
アメリカと日本。
たとえ国同士の同盟、決め事であっても、やはり国を作っているのは人であって、首脳としているのも人。
動かしているのが人なら、国であっても根底にある考え方は「人」ですよね。

今の同盟で、日本はアメリカに対し「俺たちは俺たちを守ることしか出来ん。 だけど、お前たちは俺たちが危なくなったときは命を張って助けてくれ!」
友達であってもこんなことを言われたら、誰も助けてやろう・・・とは思わないですよね?
それを少しでも対等な立場にして、「俺たちはお前たちが危ないときは助ける。 だから、お前たちも助けてくれないか?」と言う様にするのです。

一般的に考えたら、至極当然の話。
単純なギブアンドテイクです。



では、どうして、今の現状でアメリカは日本に駐留して抑止力となっている状況なのか?
それは日本の利益のためではなく、アメリカの利益のため。
対 中国への思惑があるためです。
中国がアメリカに対して攻め込もう、侵攻しようと考えるとき。
日本という国が丸裸で何も出来ない状態だと、一直線に中国はアメリカの本土に向かってくることが出来ます。

そこでアメリカは沖縄や日本各地に駐留して、勢いを増すアジアからの防波堤として日本を利用しているのです。

この考え方がある限り、現行法でも滅多なことがない限りアメリカとの同盟は続くものと思われますが、それ以外にも昨今起きている領土問題への牽制にもなります。

というのも、今は領海侵犯や領土問題などが起きても、法が邪魔をして自衛隊が積極的に動くことが出来ません。
その状況を知っているから、中国でも韓国でも平気で領海侵犯とかをしてくるんですね。
つまり、なめられている。
ということです。

尖閣諸島に関しては、現在アメリカが「尖閣あまり手を出すと、うちも出て行くかもね!!」と態度を表明してくれたので若干収まっていますが、竹島についてはアメリカにとって重要ではないので何もありません。
なので、韓国は好き勝手なんですね。

そんな状況を打破するのが、今回自民党が出している「国防軍」の提案。

中国や韓国が嫌がっているのは、そのためです。



一緒に出演していたデーブ・スペクターが言ってましたが
日本の平和憲法は世界の憧れであるので、それを変えるのはおかしい!
と力説していました。

その平和憲法に憧れている国は、現に自分たちで戦争や紛争をしており、「憧れている」だけの思いでは何も達成できていないことがよくわかります。
私みたいな貧乏人がお金持ちに「憧れるだけ」では、何にもならないのと一緒です。
永世中立国のスイスですら、自国防衛の軍隊を持っています。


本当に平和憲法だけで平和を保てるのなら、自衛力も軍事力もいらんのです。
そんなことはあり得ない。
とわかっているから、現に自衛隊はそこにあります。


世界がもし100人の村だったら

世界がもし100人の村だったら
価格:880円(税込、送料別)


スポンサーサイト




Comments


« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login