FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に対してもノーガード?

衆院選が終わって、自民党の大勝利。
というか、民主党のままごと政治の大敗北のほうが正しいのだろう。

安部さんの景気対策発言のおかげで、円安は進み、株価はあがっていく。
たった数日、一ヶ月程度の間で株価はひとつの大台である10000円を超えた。

景気を中心に話題にのぼることが多いのだが、かなり重要な点である「憲法改正」にも注目してほしい。


ここ最近のニュースや新聞を見ていると、「憲法改正は悪」であるという報道ばかりが目立つ。
というか、改正擁護の報道はほぼ見ないと言ってもいい。

もちろん平和は大事だし、どんな国に対してもノーガード戦法でいけば争いは起こらないというのであれば問題ないだろう。
ただ、中国を相手にしてそんなことを言っていられる余裕があるのだろうか?

チベットの惨状を知らないのだろうか?
アジアの諸国は中国の横暴によって、どれだけ苦しめられているか知らないのだろうか?
領空侵犯、領海侵犯をされていることは「どうでもいい」のだろうか?

大切な人が殴られても、「ノーガードで殴られたのだから仕方ない」と、あなたは言えるのですか?

やられたらやり返す。
という状態な日本。

その最初の「やられた」の中に、たくさんの人の悲しみが詰まっているわけです。


別に私はミギヨリっていうわけでもありません。
それでも、あまりに無謀なノーガード擁護論には賛成できません。
スポンサーサイト

Comments


« »

10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。