FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

並列回路の合成抵抗

並列回路の合成抵抗

R=(R1×R2)/(R1+R2)
抵抗の積分の和。


並列回路の電流
電流は分路する。

I=I1+I2

I1=R2/(R1+R2) × I

I2=R1/(R1+R2) × I


電流は抵抗の大きさに反比例して流れる。
電流I1の場合、抵抗R1に流れていく電流なわけだが、抵抗は文字通り「電流を流れにくくするもの」なので、流れる電流は抵抗R1の逆、つまり値としてはR2の分が流れることになる。
抵抗R1の値が大きくなればなるほどにR2の値は小さくなるため、電流I1は小さくなる。


(余談)
並列回路で電圧は一定であるため、電流I=I1+I2がわかれば、全体の抵抗がわかる。
スポンサーサイト

Comments


« »

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。