欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにパトレイバーの劇場版を見た。



パトレイバーの劇場版ではかなり切ない話であろう近作。
といっても、結構前の映画なので最新の映画を見ている人にとっては映像としては物足りないかもしれない。

が、事件の裏側にある切ない設定、ラストワンシーン。
怪物と呼ばれた者の装甲が剥がれ落ちる、あのシーンを見ると、かなり胸が苦しくなります。
あれ一つで、いろいろな説明などが不要になり、怪物がどうして生まれたのか、それがよくわかるつくりになっていると個人的には思います。
うまく言えませんが、そう思わせてくれるシーンです。

自分のために他人を犠牲にしてしまっていることは許されることではなく、裁かれるべき罪ですが、罪を作るにまで至った経緯を見ると同情する心も生まれてしまいます。


事件は簡単に言ってしまうとバイオテロと似通っており、時代背景としては映画公開当時に見るよりも今のほうがより現実味がありそうです。

少し古いアニメ映画ですが、まだ見たことがない人はぜひ。

最近の「萌え」にだけ偏っているものと違って、ジャパニメーションと呼ばれるに値する作品がここにあります。
スポンサーサイト

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。