FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


女性が男性に求めていることって記事が怖かった。

元記事はこちら


 この記事で見た女性が男性に求めていること・・・それは信じられない数字だった。

というもの。


内容を読むとああーって思う事ばかりだった。


たとえば、男性に好かれるぶりっ子の女性。 
やはり同性からは嫌われますよね。

女性から見ると「男に媚をうっている」ってなりますから。


ただ、これをビジネスという視点で見ると当然の行為のようで。


ぶりっ子の女性を営業マンとして考えればすんなりわかります。


営業の女性は、男性という商品に気に入られるべく、様々なプレゼンをしたり、言葉を巧みに使ったりとあの手この手でチャンスを得ようとします。
男性のほうも心のどこかでは「まあ、営業トークだろうな・・・」と思っていても、やっぱりいい気はします。

女性の度重なるアプローチによって、疑っていた心も麻痺していって、最後には「なんてかわいらしい女性なんだ」という結果を生むわけです。


ぶりっ子になれない女性は、「あの女・・・」っていう風になりますが、そんなことを思ってもどうしようもない。

当然ながら、男性に好かれるための手法と同性の女性に好かれるための手法は違うのですから。


また、別の話では女性が男性に求める年収っていうのがあります。


400万以上という女性が30%を超えているようですが、年収の高い東京都で見ても、結婚適齢期の男性の年収で400万以上となっているのは全体のわずか3%ほどだそうで。
倍率10倍の争いをしなければいけないことになります。

そして、年収400万を超える男性は、「400万以上を求める女性」なんていうのは正直求めないでしょう。

男性が望む女性は、相手に高みを望む女性ではなく、自分を献身的に支えてくれるような女性です。
そういった女性であるからこそ、最終的に男性は「守ってあげなくては」となるわけです。

最初から「私を高い年収で守って!!」と考えるような女に、だれが魅力を感じるのか。



うーん。


結局は昔から言われているような「謙虚さ、素直さ」みたいな日本人の美徳を持った女性を、男は求めているのかもしれませんね~。


ちなみに極論みたくなってしまいますが、男性の年収が減ってしまった原因は「女性の社会進出」も一つあるのではないかと思ってます。
日本っていう唯でさえパイの少ない国で、人口の半数を占める女性までもがバリバリ仕事をこなしてしまえば、当然男性の職場は減りますし、職場が減るってことは自然と年収も下がっていきます。
一人あたりの仕事量が減ってしまうわけですから。

そういった状況が、男性の年収を減らすこととなり、夫婦共働きが当然。
という社会をつくってしまったんではないでしょうか?


別に、有能な女性が働くことに全く異議はないんですけどもw


なんか最後は自論みたくなってしまいましたが、個人ブログなので許してw



以上、なんか寂しい気持ちになった管理人でした。
スポンサーサイト




Comments


« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login