FC2ブログ

欲しがりや産

とにかく、熱しやすく冷めやすい


ガチャへの警鐘が鳴り響く。

ゲーム内アイテムやアバター、それらを現実の通貨を使って手に入れるためのシステム「ガチャ」。

ガチャと呼ばれるシステムは、オンラインのゲーム「ほぼすべて」に搭載されているのでは?と思われるほど溢れています。
管理人が体験した「基本プレイ無料」のゲームでは、ほぼ間違いなくガチャが実装され、コンプリートや強い装備品を目的としたプレイヤーが日々購入しているのが現状です。

ここで勘違いしないでほしいのが「課金アイテム」と「ガチャ」の違い。

課金アイテムもガチャも現実の通貨を使ってアイテムを手に入れるというのは同じですが、課金アイテムはお金を支払えば確実に手に入るのに対し、ガチャはお金を払って「クジ」を引き、「当たったらいいねw」っていうシステムなのです。

そんな性質のガチャにばかり、「プレイヤーがほしい」と思われるものを配置し、パチンコよりもひどい低確率の設定でお金を使わせ、目的のものを得るためには数万円かかるという話も珍しくないほど。

こんなごく普通に考えればありえないほどの搾取機能に対して、やっと消費者庁が動き出しました。
ガチャの中でも特にひどい「コンプリートガチャ」(ガチャを使わなければ揃わないアイテム)が違法であるとして、取締りを行うという方針を打ち出しました。
この違法と思われる「コンプリートガチャ」によって搾取された金額はおおよそ1200億円。
極端な話、不正にグリーやモバゲーが手に入れたお金が1200億円ということです。

でも、あれ?って思いませんか?

こんなバカな話、どうしてひっかかるのだろう?と。

ガチャやくじ、夢があるものなので何回かはやったって問題ないと思います。
ただ、良識のある大人なら「数回やって当たらなければ、もったいないのでもうやらない」ってなりますよね。
その部分が問題なのです。

お察しの通り、グリーやモバゲー。
こういったソーシャルゲームの客層のほとんどが「子供たち」なのです。
まわりの友達が持っているから私も欲しい。
これがあれば、他の奴らより有利になれる。
目立てる。
そういった心理が働いてガチャを回す課金額はどんどん膨れ上がります。
最悪のケース、ある中学生は短い期間の間に「数十万円」を課金したという話まであります。

バカなやつだな~って思うことも出来ますが、子供を相手にとったとんでもないアクドイ商売です。

当然のように規制されるべき話。
損害賠償を命じる画期的な判決を期待したいものです。
スポンサーサイト




Comments


« »

05 2021
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて
①リンクフリーです。 
②万が一相互リンク希望がありましたら、どこかにコメント入れて下さい。
③リンク先で不審なところはないつもりですが、責任は負えません。
④画像、記事等で問題がある場合は削除しますのでコメント等で連絡ください。
アクセスカウンター
おすすめアイテム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login